ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

カテゴリー「オフシーズン・移籍加入」の検索結果は以下のとおりです。

厳選18人で乗り込む2015シーズン初戦

いよいよ2015年シーズンが始まります!

去年よりオフシーズンがあっと言う間だった気がします。

さて、チームは既に水原三星戦に向けて韓国に乗り込んでいます。

12名の新加入選手も加わり、気になる帯同メンバーは18人。

全28人ですから10選手が日本に残りXeroxとJリーグに備えます。

■ACL vs 水原三星戦 帯同メンバー

Pos  Name Q
GK 西川、大谷 2
DF 森脇、那須、槙野
加賀、橋本
5
MF 青木、阿部、鈴木
宇賀神、関根
柏木、梅崎
7
FW ズラタン、高木、李、石原 4

 

■日本で調整メンバー 

Pos  Name Q
GK 岩館、福島 2
DF 永田、茂木、岡本 3
MF 平川、小島、斉藤 3
FW 武藤、興梠 2

永田・岡本、武藤、興梠はJ開幕に照準を合わせてリハビリ・調整中です。

 

こう見ると、非常に多彩な布陣を敷くことができる、期待に溢れるメンバーです。

気になるスタメンは、宇賀神と橋本の両ワイド、ズラタンの1トップ、柏木・石原の2シャドーのようです。

いきなり3人の新加入選手のスタメンが想定されている訳です。

 

今日のG大阪と柏のACL初戦は勝ち星無し。。。

ACL初戦が難しいことに加え、対韓国のAWAY戦、浦和の開幕戦は敗戦が恒例と悪い要素しかありませんが、ここ数年の様子と新加入選手とのシナジー効果に期待して勝ち点を奪って帰ってきましょう!

参戦組はくれぐれも気をつけてm(__;)m

国内組は埼スタのパブリックビューイングとなるでしょうか。

スカパー!はJリーグセットとは別に日テレ系チャンネルを契約しなければ見られません・・・。

元川崎のチョンテセもいるし、ピッチはボコボコらしいし・・・

くれぐれもケガ無く、90分集中して帰ってきてほしい!

 

勝てば予選突破がグっと近づくだけに、特に立ち上がり15分を集中して力を出し切ろう!

 

2015年もWE ARE REDS!

年間スケジュールおかしくねーか?(2015年間スケジュール公開)

2015年のスケジュールが立て続けに決定・公開されました。

ACL、Xerox、ナビスコ杯、J1リーグと。

浦和レッズのみを該当とした年間スケジュールはこちらでまとめてみましたが、2ステージ制にする理由がやっぱり分からない。。。

チェアマンは、『山を2つ用意する事で盛り上げる』と言っていますし、『2015年は何としてもACLで結果を残したい』とも言っています。

でもね、年間スケジュールを見ていて思うんだけど、タイトル争いが後半に集中し過ぎてないか?

heatmap.jpg

本当にACL獲らせたいと思っているスケジュールにはとても見えない。。。

2ステージ制にしてチャンピオンシリーズ?を設ける事で、スケジュールもタイトになっているし。

ナビスコ杯と天皇杯は、敗退するとその後の試合が無いから、多忙なチームは限られるけども、ただその一方で、盛り上がりという点でも、盛り上がるのは一部のチームだけという事になる。

だったら、天皇杯かナビスコ杯の予選を7月くらいから始めて、翌年の6月とかに決勝にすれば?

山は2つできるでしょ?

2ステージ制って、それくらいはちゃめちゃな議論の様な気がするんだけど?

決まってしまった事はしょうがないし、1ファンとしては試合が増える事は良いことだ。

でもなぁ~

どうしてもJリーグの目指している事とやっている事に矛盾を感じる。。。

浦和が順当に勝ち進んだら、来年もまた、年末に息切れしてどのタイトルも獲れないという事になりかねない・・・

あぁ~もどかしい。

2015年浦和レッズ年間スケジュール

報道通りの加入確定+ゴール動画

ズラタンの完全移籍での加入が公式発表されましたね。

恒例通り、こちらのまとめページで移籍加入情報をまとめています。加入選手については、ゴール動画へのリンクも付けています。

大宮のプレスで、本日12時過ぎの便で一時帰国するとのアナウンスがあったので、本日AM中の発表では?と勘ぐっていましたが、かねてからの報道通り、公式発表となりました。

ズラタン(31) 186cm FW: J1 7点/32試合(浦和レッズ公式サイト)

一日でも早くチームに馴染み溶け込んでいけるように選手やスタッフと常にコミュニケーションを。
チームの目標であるタイトル獲得のために全力で戦うことを誓う。

【ズラタンゴール動画】

2試合連続ゴール
J1第10節(後25)J1第11節(前39)

3試合連続ゴール
J1第15節(後7)J1第16節(後23)J1第17節(前18)

2試合連続
J1第26節(前9分)J1第27節(後6分)

*ベストゴール選出が無いので試合のハイライト動画です。

こうやって見ると、ズラタンは複数試合連続ゴールがばかりですね。

ノったら結果を残すという事でしょうか。頼もしいですね。

 

いずれにしても、ミシャサッカーにいち早くフィットしてくれる事を望みます。

で、どっかのサッカーの様に、一人で得点を決めてくる、分業サッカーにはなって欲しくないです。

2015年ACL組合せ確定にホッとした・・・

imageafc.jpg

本日の天皇杯でG大阪が優勝、第二代表以下が流動的だったACLの組合せが確定しました。
ちなみに、Xeroxスーパーカップの出場も決まり、2015年2月28日(土)に開催されます。

まず、2015年のACL出場資格を整理しておきます。

■2015年ACL出場資格(日本) 

本大会出場権
第1代表枠 J1 リーグ戦優勝 G大阪
第2代表枠 天皇杯優勝 G大阪or山形
第3代表枠 J1 リーグ戦2位 浦和
プレーオフ経由
第4代表枠 J1 リーグ戦3位 鹿島

各代表枠に同一チームが重複した場合、各代表枠が繰り上げされ、不足分はJ1順位上位から充当されます。
よって、本日の天皇杯で山形が優勝していた場合は浦和が第3代表として、G大阪が優勝した場合は第2代表枠に繰り上げされる事となっていました。

結果として、本日の天皇杯でG大阪が優勝しましたので、順次繰り上げし、Jリーグ4位の柏が補欠当選となりました。

山形に何も与えられないのは・・・とも思いますが。

■2015年ACL所属グループ(日本)

本大会出場 組合せ
第1代表  G大阪 グループF 
第2代表 浦和レッズ グループG
第3代表 鹿島 グループH
プレーオフ
第4代表 グループE**

 **プレーオフで勝ち抜いた場合

■2015年 ACL組合せ(浦和レッズ)

グループG
オーストラリア ブリスベン・ロアー  
日本  浦和レッズ 2007年優勝
Jリーグ2位 
韓国 水原三星 Kリーグ2位
PO4 中国
タイ
マレーシア
インド
 

G大阪が天皇杯で勝ってくれたおかげでグループHは免れました。。。
以下で見て頂ければ分かりますが、グループHは強敵揃いです。。。

プレーオフ次第ですが、移動も含め比較的有利なのではないでしょうか。

 

■2015年 ACL組合せ(日本)

グループE
韓国 全北現代 2006優勝
2011準優勝 
中国  山東魯能  
ベトナム ビン・ズオン   
PO2 柏(日本)
チョンブリFC(タイ)
キッチー(香港)
2/17確定

柏は勝ち上がってもベトナムのAWAYに苦しめられそうです。。。
が、順当ならグループ突破は難しくなさそうです。

グループF
日本 G大阪 2008優勝
Jリーグ優勝
韓国 城南FC 2004準優勝
2010優勝 
タイ ブリーラム・ユナイテッド  
PO3 オーストラリア
中国
ミャンマー
シンガポール
 

G大阪はタイのAWAYで順当に勝ち点を拾えればグループリーグ突破は堅そうですね。

グループH
中国  広州恒大 2013優勝
中国優勝
オーストラリア ウェスタン・シドニー 2014優勝
日本 鹿島 Jリーグ3位
PO1 韓国(FCソウル)
ベトナム
インドネシア
Kリーグ3位


死のグループ・・・。
あの広州恒大とクラブワールドカップ出場中のウェスタン・シドニー。
グループリーグ突破は簡単ではありませんね。

ちなみに、FCソウルにはエスクデロ、ウェスタン・シドニーにはスピラノビッチがいます。

高木他3選手の加入確定

高木の加入は全く動向が分からないまま、騒がれないまま、公式発表となりましたね。。。

移籍・加入・補強情報はこちらでまとめています。

武藤と橋本と、これで3人の加入が確定しました。

あとは、悩んでいると報じられた石原とズラタン。

一方、大宮がGK2名を放出、加藤の移籍に現実味が増してきました。

また、坪井の移籍先が湘南に確定しました。

 

年末を前に、大きく移籍市場が動いています。

来年も混戦になってしまう気がしています。。。

浦和レッズのサッカーはどう変わるのでしょう・・・。

 

武藤 雄樹(26) 170cm FW: J1 4点/30試合

来年はJリーグ、ACLともに優勝を目指し、チームの勝利に貢献できるようがんばりたい。

橋本 和(28) 181cm DF: J1 3点/32試合

日本で一番大きなクラブの一員になれたことをうれしく思う。

高木 俊幸(23) 170cm FW: J1 3点/31試合

レッズの厳しい環境の中に身を置くことは自分のサッカー人生でプラス。まずはポジションをとる。

引用元、移籍情報のまとめはこちらでまとめています。

移籍に関するWEBの反応はこちらで。

ページ移動



ユーティリティ