ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

カテゴリー「試合後」の検索結果は以下のとおりです。

救われた鳥栖戦 第33節vs鳥栖

鬼門と囁かれつつも、勝ちを信じて乗り込んだ鳥栖戦。

結果は、鳥栖の十八番とも言える終了間際の得点で1-1の痛すぎる引き分け。

相当な覚悟で乗り込んだ主将の阿部は、試合終了後20分経っても、アップエリアで肩を落とし下を向き続けていた。

 

正直、負ける気はしなかったが、同時に勝てる気もしなかった。

ラッキーなPKで1-0とはしつつも、流れから得点できる気はしなかった。

惜しいシーンを作る度に、もしかして!?と期待しながら、このまま逃げ切れる事を祈り続けた。

 

しかし結果は1-1の引き分け。

決めるべき時に決めていればというのは常套句。

得点チャンスに決められる気がしない。

得点チャンスを作れているという実感がない。得点チャンスが訪れてきたという方が正しい気がした。

それでも良い、勝ちさえすれば良かった。

一人少ない鳥栖は、中盤をとばしたロングボールに徹し、そのハンデを感じさせなかった。

 

ポイントは、李が孤立し過ぎていた事だろうか。

挙げればきりがないかもしれない。

李が悪い訳ではない。李のワントップのサッカーができていなかったという事だけだ。

どんなストライカーが来ても同じ。

かつてのワシントンを擁していた頃、ワシントン依存症とでも言える、ワシントン以外のワントップで効果的なサッカーができなくなってしまった時と変わらない。 

 

落ち込むのはこれくらいにしておこう。

そんな時に山岸のニュースが飛び込んできた。

正直救われた。

同じく救われた人も多いだろう。

 

1-1で迎えた後半アディッショナルタイムのCKのシーンで相手ゴール前に上がった山岸が見事なヘディングシュートを決めた。

IMG_1407.PNG

出場機会に恵まれず、山形に期限付き移籍をし、中心として自身の経験を元にチームを立て直し、掴んだJ1昇格のチャンス。

そこで山岸自身が決勝ゴールを決めた。

山岸が成し遂げようとしている事は思っている以上に大きい。

山岸を近くで見てきたからこその、宇賀神の言葉だろう。

 

首位は奪われた。

得失点差も大きい。

 

が、まだ何も終わっていない。

幸いにも、まだ、一矢報いるチャンスは残されている。

 

シンプルになった。

勝つしかないんだ。

勝たせるしかないんだ。

 

最高の相手は再現できないが、最高のスタジアムは再現できる。

満員のスタジアム。

もう一度、選手を奮い立たせようじゃないか。

祝!浦和レッズレディース優勝!

いやぁ~、やりましたね!
浦和レッズレディース、優勝!

優勝メダル授与の際に、元浦和レッズレディースで優勝を果たした柳田美幸さんがアテンドしていたのは何かの縁を感じちゃいました。

image1.JPG

優勝おめでとう!勝ありがとう!

image22.JPG

プレナスなでしこリーグの優勝カップ

image3.JPG

紙吹雪舞う駒場スタジアム

image4.JPG

チャンピオン!

勝って優勝!とはいかないところが浦和らしい・・・。

とはいえ、優勝賞金は700万円ぽっちなんですね。。。

これはもっともっとなでしこリーグを盛り上げなきゃいかん!

その前に、トップチームも優勝しなければ!

勝って、アベック優勝で浦和を盛り上げなければならん!


ありがとう!浦和レッズレディース!

おめでとう!浦和レッズレディース!

残り数分で現れた欲:第32節 vs G大阪

2014年11月22日(土)、『いい夫婦の日』に埼玉スタジアムで行われた、J1第32節 vs G大阪戦は、残念ながら敗戦に終わりました。。。

この試合は、一方では大方の予想通り、もう一方では予想を裏切る形となったと感じます。

G大阪の遠藤が言う、『我慢比べ』という意味では予想通りでしょう。

また、観戦された方は感じたと思いますが、いわゆる『堅い試合』、様子を伺い、見所の少ないと表現すべきか均衡した試合と表現すべきか分からない様な試合ではなかったと思います。

浦和のチャンスあり、ピンチあり。

両チームのGKの見せ場もあり。

浦和は集中力を切らさずに、時間帯に応じた良い試合運びができていたと感じます。

それだけに、88分の失点が悔やまれます。

CKやFKの時のカウンターに対するリスクマネージメントは試合を通じてしっかりとできていたと思います。
最初のカウンターと88分のカウンターを除いては。

88分の失点シーンでは、ほんの少し、本当にほんの少し、『埼スタで決めたい!』との気持ちが勝ってしまったのでしょう。
不運があったにしろ、このシーンだけ、リスクマネジメントが本当にほんの少しだけ疎かだった様に感じます。

きっと、『昨年までの悪い癖が出た』とか感じる方もいるでしょう。
李のシュートゼロを責める人もいるでしょう。
選手交代を責める人もいるでしょう。
興梠を出場させた事を非難する人もいるでしょう。
G大阪との地力の違いを嘆く人もいるでしょう。

でも、不思議なことに、試合後も私は全く悲観する事はありませんでした。

昨年は、どーする!?みたいな危機感というか絶望感というか、焦燥感に駆られて1週間が辛かったと記憶しています。

が、何が理由かは分かりませんが、今年は若干違います。

確かに、勝点差は2に縮まりました。次節は昨年と同じく33節でAWAY鳥栖戦。
しかもここ5戦で1勝2分2敗と分が悪い。
その鳥栖はまだ僅かながら優勝の可能性を残し、ACL出場権を狙う。

えぇ。勝ちづらいです。

でも、なんでしょう。

見せてくれたプレー、昨年の1年間と今年1年間で築きあげられた信頼感の様な物でしょうか、それが全く違う気がするんです。

安心しては見ていられません。正直ドキドキです。

でも、きっと彼らはやってくれる。

そんな気がしてなりません。

33節以降の優勝の条件②でも述べたように、浦和有利には変わりはないんです。最高の舞台はまた作れるんです。
まだ何も成し遂げていないのと同様、まだ何も終わっていないんです。

最後まで応援が彼らに届けば、きっと彼らはやってくれる。

残り2試合、浦和レッズは浦和レッズらしく、さらにJリーグを面白くしちゃってくれました。

これは乗っかって楽しむしかない!

最後まで、彼らを信じて応援します。

WE ARE REDS!WE ARE REDS!WE ARE REDS!

33節以降の優勝の条件②

さて、勝てば優勝!ではありましたが・・・。
直接対決の結果別 33節以降の優勝の条件でも触れていますが、引き分けでも十分だっただけに、最後の5分の「欲」が悔やまれます。

宇佐見もパトリックも交代していただけに、CK/FKからのカウンターに対するリスクマネジメントが、ここだけ、ちょっとだけ、集中が切れていたように感じます。まぁ、いずれも結果論ですが。

さて、本日終了時点の順位と今後の対戦予定です。

順位 チーム 勝点 得失 天皇杯 33節 34節
1位 浦和 61 21  - 鳥栖 名古屋
2位 G大阪 59 26 清水 神戸 徳島
3位 鹿島 57 23 - C大阪 鳥栖
-- ACL 出場権 --
4位 鳥栖 56 7 - 浦和 鹿島

直接対決の結果別 33節以降の優勝の条件で触れた中では、【浦和レッズがJリーグ終盤戦を面白くしちゃった場合】が該当します。。。
上位4チームでは、浦和以外がきれいに勝利しちゃったんですね。。。

■浦和レッズがJリーグ終盤戦を面白くしちゃった場合

重要なのは得失点差。

順位 チーム 勝点 32節  得失点差
1位 浦和 61 ×(61)  22以下
2位 G大阪 56 ○(59)  25以上
3位 鹿島 54 ○(57)  23以上
4位 鳥栖 53 ○(56)   7以上

 そうなった場合の、G大阪戦の結果別、浦和の優勝条件は以下の通りです。

33節・34節の
浦和の戦績
最終
勝点
J1 2014シーズン
浦和優勝の条件
浦和が 2勝 67 ・無条件優勝
1勝1分 65 G大阪が2勝→得失
・G大阪が1勝1分以下
1勝1敗 64 ・G大阪が1勝1分以下
2分 63 G大阪が1勝1分→得失
・G大阪が1勝1敗以下
鹿島が2勝→得失
・鹿島が1勝1分以下
1分1敗 62 G大阪が1勝1敗→得失
・鹿島が1勝1敗以下
2敗 61 G大阪が2分→得失
・G大阪が1分1敗以下
鹿島が1勝1分→得失
・鹿島が1勝以下
・鳥栖が1勝1分以下

この場合でも浦和の優位は変わりません。

なんてったって、残り2試合です。

勝てばいいんです。

1勝すればG大阪は窮地に追い込まれ、2連勝が条件になります。

しかも、G大阪は中3日で天皇杯を挟み、中2日で神戸戦です。

ちょっと欲を出して、33節で浦和が優勝を決めるには、浦和が勝つ+G大阪が引分以下である事の1点です。
鬼門ですが、鳥栖にAWAYで勝つ事が条件です。
これが最短優勝ですね。

また、ココまでくると、得失点差がモノを言います。
しかもG大阪戦の最終節は徳島です。。。

 

■浦和の優勝目線でまとめ

32節の結果
vs G大阪 
33節/34節
浦和の勝ち 優勝確定済み!
引き分け ・2試合で1勝する
 または
・2位が2連勝に失敗する
 浦和の負け ・1勝でG大阪を追い込む!
・1勝1分で逆転は無い!
 (得失点差次第・・・)

追い込まれた感、失速感、焦燥感、絶望感・・・
いろんな言葉が飛び交っていますが、残り2試合で勝点差2です。

浦和有利には変わりないんです。

落ち込むこともありません。焦る必要もありません。

G大阪は自力では優勝できないんですから。

最高の舞台で、最高の相手に優勝を決める!というのは逃しましたが、最高の舞台はもう一度作れるじゃないですか。

34節の名古屋戦も埼スタ、チケットは完売ですよ。

 

敗戦のジンクス

今日の天王山に向けて敗戦のジンクスを実行した人が…

その人の名は…
時田愛梨…(/ _ ; )

 

 

ページ移動



ユーティリティ