ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

カテゴリー「試合後」の検索結果は以下のとおりです。

浦和レッズレディース 優勝持ち越し

いや~、惜しかったですね。

I神戸 vs 浦和Lは0-0の痛み分けとでもいう試合でした。

 

後半のオープンな試合に対し、浦和Lは5バックに変更、引き分けでも良しとしました。

 

猶本のケガの具合が心配ですね。(前半、澤と接触し負傷交代)

 

さて、浦和Lは引き分け、2位の日テレが勝ちましたので、今節での優勝は無くなりました。

 

残り1試合を残した今節終了時の順位表です。

 順位 チーム 勝点 得失
 1位 浦和L  24 10 
 2位  日テレ 21  2
 3位  湯郷B 17  -7

 

残り1試合なので、次節で決着が付きます。

2位との勝点差が『3』なので、同点になる事はあっても、抜かれる事はありません

つまり、どんなに最悪なケースでも、得失『8点』差をひっくり返されない限り、優勝はほぼ手中に収めた形です。

 

さて、次節の優勝の条件を再度整理します。

浦和L
優勝の条件  
日テレ 結果 
 浦和L   ○ 
(27)
 -
無関係
 勝てば
無条件優勝
 △
(25)
 -
無関係
 勝てば
無条件優勝
 ×
(24)
 ○
(24)
 得失点差
次第

※浦和の()内は各結果後の勝点
※日テレの()内は条件内での勝点の最大値

万一、浦和Lが敗戦した場合でも、浦和L戦の(失点-得点) + 日テレ戦の(得点-失点)>8とならない限り、優勝です。
※勝点、得失点差で並んだ場合は、以下の順で決定。
 1.全試合の総得点数(⚪︎浦和L 17 vs 12 日テレ×)
 2.当該チーム間の対戦成績
  ①勝点(⚪︎浦和L 3 vs 3 日テレ△)
  ②得失点差(⚪︎浦和L 2 vs -2 日テレ×)

 

次戦の浦和レッズレディース戦は・・・

11月24日(月・) 13:00-

浦和L vs 新潟L @浦和駒場 です!

 

トップチームも続け!

来週末は浦和が熱い!

天皇杯と暢久

  • 2012/09/09 14:47
  • カテゴリー:試合後

勝ったー。

天皇杯は勝つには勝ったけど、
勝ったー。って感じ。

相手のカウンターからの先制点が
見事すぎる。。。

神戸や広島の様にならなくて良かった。。。
過去には浦和もJFLに敗戦しているのですが。

で、ここ最近もの凄い気になっているのが
山田暢久の名前が一向に出てこない!

昨日の試合でもベンチにも入っていませんでしたね。

ん~・・・
嫌な推測はしたくないが。。。

山さん!
あなたの元気な姿が見たいぞ!!
 

今年の浦和レッズ

  • 2012/08/21 11:28
  • カテゴリー:試合後

鹿島に2戦2勝です。
いやぁ、やりましたね。

辛勝とも言えますが、なんとも感慨深い物です。

判定うんぬんのミソは付きましたが、それは
いつものことです。

 
フィンケ監督になり、先制されても、残り5分に
なっても、パワープレーに行かず、小刻みなパスで
崩すスタイルを貫き通した試合を見たときは小さく
震えました。

それから数年、サイドからのクロスに1~2人しか
いなかったゴール前に、数人が常にいるようになり
ました。

今は、最終ラインからサイドへのロングボール、
トップへの立てパス、小気味よいパス回し・・・
浦和のサッカーも随分と進化しました。

危なっかしい場面はまだまだありますが、攻撃に関しては
ワシントン頼みのような、だれかの活躍に依存する、
依存症サッカーからは大分抜け出せた気がします。

個人的には、坪井の復活が喜ばしい。
山さんもまた活躍して欲しいですが。

鹿島が1トップにシステム変更すると最終ラインが1枚余り、
立てに挙がっていく永田の姿は恐ろしいながらも素晴らしい。

時折とんでもないパスミスに目を覆いたくなるも、スペースを
埋め、いち早く回避する啓太も"水を運ぶ人"の復活よろしく。

阿部ちゃんに関しては言うまでもありません。

追加点の課題や最後の精度の課題もありますが、今の浦和は
そこの進歩も期待してしまう。そんな感じです。

最後に、お金をもらっても浦和の監督はやりたくない・・・と
言っていたミシャ監督、何だったんでしょうね。
そこからも情報管理の重要性を認識している監督と推測します。

※ご指摘を頂きました。
このコメントはミシャ監督じゃないようですね。
失礼致しました。m(_ _)m


次は清水!
清水は最終ラインの2人が出場停止。

清水のやり方がハッキリしてしまうだけに、浦和は手こずりそう。

キッチリ勝っていただきたい!

また勝っちまった・・・

  • 2012/03/26 12:22
  • カテゴリー:試合後

公式戦三連勝。
アウェー初勝利。
初のマルチ得点。

あれこれと帯が付くけれど、

いつかの鹿島のように、

開幕から連敗が続いても

優勝してしまう事もある。

 

開幕数試合の調子が良くても

降格争いに陥ることもある。

 
ここ数年の浦和を見ていると

勝敗に一喜一憂するよりも

毎試合きちんと課題を洗い出し

日々の練習でキッチリと克服する事、

 
そして、毎試合、ゆっくりでも

その成果を感じられる事。

 
そこを重要視したくなる。

 
でも、

また勝っちまった。。。

 
喜んじまうじゃねーか

一喜一憂しちまうじゃねーか

浮かれちまうじゃねーか・・・

 
期待しちまうじゃねーか。。。

 
また

勝っちまった。。。

負け犬の遠吠え

名古屋が優勝しました。

浦和は現在9位です。

 

名古屋の試合は見ていて面白くない。

浦和の試合は見ていておもしろい。

危なっかしいとも言うけれど。

 

名古屋を見ていると、いつかの浦和を思い出す。

闘莉王、三都主・・・

そうじゃなくって、

 

個の集合体

 

確かに浦和も歓喜に沸いた。

でも、事件も多かった。

でも、歯車が狂い出すと止められなかった。

 

個の集合体

 
名古屋を見ていると、いつか見てろと思う。

名古屋に勝てば、いつかの浦和と決別できると感じるから。

 

ワシントン依存症

完全分業制

 

ペナルティーエリアには1人か2人。

 

ベストイレブンのようなチームで、

違うチームからベストな選手を集めたようなチーム。

 

実際ベストイレブンの大部分を占めた事もあったな。。。

 

浦和は確実に新しい道へ踏み出した。

そう感じます。

 

名古屋の歓喜を見て、そう確信しています。

 

ページ移動



ユーティリティ