ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

カテゴリー「試合後」の検索結果は以下のとおりです。

ほらほら!

鹿島も引き分けた!
大分も引き分けた!

浦和の2位は確定したけど、今の状態では順位なんて関係ないに等しい。

大分・鹿島は直接対決を残す。
名古屋も大分との直接対決を残す。

まだまだわからんぜよ。

とにかく浦和は勝ち続ければいい。

全力で応援し続ければいい!

ほれほれ

名古屋コケたぞ!
川崎もコケた!
G大阪もコケた!

鹿島と大分は明日。

ほれほれ、仲間割れなんかしてる場合じゃないぞ。

速報:鹿島負け

清水3-1G大阪
F東京3-2鹿島
新潟0-1浦和

G大阪も鹿島もコケたぞ!
首位との勝ち点差は3!

永井の謝罪はどうなのか?

永井の一連の発言が『監督批判』って記事になったけど、私には監督批判とは獲れませんでした。

むしろ、選手の誰もが思っているであろう事で、なかなか声を上げない浦和レッズの選手達の中で、自信の浦和での選手生命を懸けた、浦和を想うが故の発言だったと思う。

「この状況で何かを変えるなら答えは1つ」などと監督らを批判。(サンスポ)

前後の会話が分からない以上、なんとも言えないけれど、その1つの答えが『監督解任』ではなく、『オレを使う事』だったかもしれないし。

批判というより、愛するクラブに対して自分の思いと考えを提言したと言った方が適切かもしれないと思う。
あくまでも憶測ですが。

「この大事な時期に僕が騒動を起こしてしまった。チームの和を乱したいわけではなかった。ゲルトさんともいい話ができた。」(スポーツ報知)

確かに、チームに属するプロスポーツ選手としては、そこは指摘されて然るべきだろう。

「ゲルトと永井ではなく、今はレッズが一番大事。タイミングが少し悪かった。」(スポーツ報知)

もし、監督批判・フロント批判ととられれば、処分無しでは済まされない。
いつかのワシントンのように、お咎め無しは余計な事態を生む。
『ゲルトと永井』という個人間ならきっとお咎め無しだろう。
この言葉には、エンゲルス監督らしさが凝縮されていると想う。
『ゲルトさんともいい話ができた。』という言葉に私は救われた。。。

 

 

私が気になるのはここから。

事態を重く見たクラブ首脳は、この日の午後練習直前、永井を呼び出した。エンゲルス監督、中村修三強化本部長、そして、山道守彦強化部長が待っていた。(スポーツ報知)

この、永井の新潟戦不帯同に関する話し合いが、本当に両者納得行くものだったのか。だ。
クラブからの一方的なものではないと信じたいが、そこが一番大事なところ。

「もうクラブ、監督に言うことはなくなると思う」(スポニチ)

両者スッキリしたから言う事がないのか、言っても無駄だから言わなくなるのか、クラブにねじ伏せられたのか。
これも前後が全く分からないので真意は掴めないが、不安だけが残る。

冒頭のように、この発言が『浦和を想うが故の発言』だったと仮定すると、クラブには、永井の言葉に込められた想いをしっかりと受け止め、即座にそれに反応して欲しい。

どっちにしても、『もうクラブ、監督に言うことはなく』なっちゃ困るんだ。
永井の言うとおり、選手と監督の一線は超えてはならないかもしれないけど、選手と監督が、チームが一丸となってとことん話し合ってもらわなくっちゃ。
ただ従う事と、一丸となる事は違うんだから。
同じ目標・目的に向かって、とことん話し合って欲しい!

と、ここまでの大半が憶測だが、
『ゲルトさんともいい話ができた。』
『指揮官との会談の末、和解ムードとなった』
この2つだけは事実なんだと思う。
私にとってはそれが大きな救いだ。

参考

今季無冠の危機に直面している浦和が25日、クラブと監督への不満を口にしたFW永井雄一郎に対して、厳重注意と26日の新潟戦のメンバーから外す懲罰処分を科した。ゲルト・エンゲルス監督らと会談した永井は、チームの和を乱したと謝罪。

エンゲルス監督は「戦力としては大事だがタイミングが良くない。永井も納得している」と説明。監督、強化幹部に謝罪した永井は「大事な時期にチームに迷惑をかけてしまった。もうクラブ、監督に言うことはなくなると思う」と改心した様子だった。

報道と熱いサポーターからの反響に胸を痛めたレッズ一筋10年間の生え抜きは、全面謝罪した。反目していた指揮官との会談の末、和解ムードとなった。「ゲルトと永井ではなく、今はレッズが一番大事。タイミングが少し悪かった」と話した監督は新潟遠征から永井を外しサブ組で別調整だったMF内舘を急きょ招集する事態となった。

ページ移動



ユーティリティ