ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

カテゴリー「試合前」の検索結果は以下のとおりです。

W杯:アメリカに見る日本の可能性と浦和レッズ

日本は決勝ラウンドに進めるか?
守備で守るか?
攻撃は最大の防御か?
勝ちにいくか?

今日は会社でもネットでもそんな議論ばかりですね。
 

専ら、"引き分け狙いでは負ける"との見解が多勢。

 
そんな中、昨日のアメリカvsアルジェリア戦が日本代表の

戦い方(?)を示してくれていたように思う。

 
アメリカは、W杯でなかなか思い通りに行かなかったチームの一つだ。

 
要因は様々あるが、昨日の一戦でもそれは見受けられた。

 
アメリカがいるグループCは混戦で、最終戦を残してアメリカは3位。

1位のスロベニアは2位のイングランドと
3位のアメリカは4位のアルジェリアとの一戦を残し、
試合結果次第では、全チームに決勝ラウンド進出の可能性が。

アメリカは勝てば進出決定。
 

ところが、シュートを打てども打てども入らない。

枠を捉えてはいるものの、バーを叩き、GK正面、ファインセーブの連発で

ゴールが割れない。

一度はネットを揺らしたものの、微妙なオフサイドの判定で認められなかった。

 
そんなアメリカが勝利を手繰り寄せたのは攻め続けたこと。

カウンターや分業では無く、チームで攻め続けた事だ。

ゴールを決めたのは後半ロスタイム。

まさに"劇的"という言葉が当てはまる。

 
引き分けでは両チームとも敗退が決まる。

時間もなくなり、ゴールの臭いがしない

スタジアムはドンヨリした雰囲気。

 
ロスタイムのアメリカがゴールしたシーンでは、

アルジェリアの決定機からのカウンター。

サイドからのクロスに対し、中には3人が構えていた。

更に、GKが弾いた所にもう一人、ドノバンが詰めていた。

 

決定機後のカウンターに5人があがる。

日本代表戦、Jリーグでもなかなか見られないシーンだと思う。

 
0-2から追い付くスロベニア戦しかり、

アメリカの諦めない姿勢

リスクを冒してでも勝ちを狙う姿勢

見ているこちらを引きつけ、

何かやってくれると思わせる。

 
勝つべくして勝った

 
結果、1位通過となった訳だが、

立ち返って日本代表。

 
彼らにもそのくらいの意気込みを見せて欲しい。

ワガママかもしれないが、それが彼らを後押しする声になる。

 
気取ったプレーは要らない。

気迫あるサッカー、

勝利への意気込み、

何が何でもという思い

それらが見られれば、結果はついてくると思う。
 

我らが浦和レッズにしてみれば、

その結果が勝ち点ではない事もあるかもしれない。

しかし、確実に周りを動かし、彼らに還元される。

 
それを続けてきたのが浦和レッズだ。

元祖・浦和魂を見たい。

 
結論:
・日本代表はベスト4を本気で目指してその思いを全部ぶつけろ!
・浦和レッズは元祖・浦和魂を思い出せ!

参考

直輝が久々にメンバー入り!

山田直輝が久々に帯同!
だそうだ。

とてもうれしいことは、山田直輝が、明日、再びメンバー入りできる状態になったことです。(フォルカー・フィンケ監督のコメント)

練習には参加していたみたいだから大いに期待しちゃう!

実際、ナビスコ杯の敗退が決まったわけだから、現状打破する為にも

いつもと違うことにチャレンジしてほしい。

試合を捨てるんじゃなくて、勝ちきれない現状に何らかのキッカケを・・・。

直輝の実績は充分!

フィンケさんはどう考えるかな。。。

 
一方で、啓太・サヌ・達也がOUT。

達也は数針縫ってるし、心配だな。

 
しばらくベンチ入りしていない高原も心配だ。

明日はどうなるか!?

けが人の影響もあって、各ポジションで入替があると思うけど、

どうなるかなぁ・・・。

明日が楽しみだ!

 
峻起も見たかったなぁ・・・

代志也もみたいし・・・

 
 
渡邉千真を止めろ。

参考

ナビスコ予選突破の可能性はどれくらい?

ナビスコ杯の予選突破の可能性はまだあるっていうけど

実際どのくらいの可能性があるのか考えてみた。

現状とシミュレーションはここでグリグリできるので試して見て欲しい。
ナビスコカップ予選突破シミュレータ

現在の状況

浦和は現在勝点7で5位。
当然ながら、上には4チームいて、浦和より勝点が上である訳で。

更に、浦和に残された試合は1試合。
残りの1試合しかない清水を除いて、他は2試合ある。

予選リーグ突破の条件は、浦和と清水が残り1試合、他が残り2試合を
消化した時点で、浦和が2位以内に入っていれば良い。が・・・。

上位チームの直接対決が多く残っているので、可能性はあるが
その条件は少々ややこしい。
 

予選突破の条件

浦和は残りの横浜FM戦を勝たないと現状の5位以下が確定するので
浦和が横浜FM戦で勝利する事が必須の条件なのは明確だ。

浦和が横浜FM戦で勝利する事は、
・横浜FM(3位)が浦和戦で負け、勝点7に神戸戦の結果を足して最終勝点
・浦和の最終勝点が現在の7に3を加えて10に。

浦和の最終勝点より他チームの勝点を低くするには
・6節の清水-磐田で清水が敗戦=清水の最終勝点が8=予選敗退決定
・磐田が残り2試合を一人勝ち=磐田の最終勝点16
 =横浜・山形の最高最終勝点が10に。
 =横浜・山形が引き分け以下で予選敗退決定

結論

1.浦和が横浜FM戦で勝利(2点差以上ならなお良し)
2.磐田には一人勝ちしてもらって、後続の2位清水、4位山形の勝ち点を
  阻止してもらう事が必須(=清水敗退)
3.横浜FMの神戸戦、山形の湘南戦がいずれも引き分け以下

仮に清水が磐田に勝とうものなら、その時点で清水が勝ち点11になり、
浦和が追いつけない所に行ってしまう・・・

結局・・・

直近の条件は、清水の敗戦(磐田の勝利)、横浜FM&山形の引き分け以下が絶対条件だ。

自力突破が無くなった今、他チームの敗戦を願わなければいけないのが寂しい・・・

参考

[試合前]2010年Jリーグ第10節 vs 名古屋(埼スタ)

浦和 vs 名古屋

名古屋戦の意義

名古屋にしてみれば、今日の試合はマギヌン・金崎・闘莉王が不在の中で
どう結果を残すかが試される試合という事になるだろう。

対する浦和は、ワシントン依存症から脱し、闘莉王依存症から脱し、
誰か一人、または数人がコントロールする形から組織へ変貌を遂げようと
している。

相手にする名古屋は、強力な個を揃えた、いわば"過去の浦和"と良く
似ている。極端かもしれないが、今日の試合は、勝てば過去の浦和と
決別できる、大きな自信に繋がる一戦になると思っている。

強力な個を揃えたチームに、変貌を遂げようとしている浦和が
通用するのか。間違っていないと信じている今の方向性を結果を
伴う確信へコマを進められるのか。

今日の一戦はそんな意義があるのではないかと思う。

役者

闘莉王は累積警告で出場停止。前節の警告時には執拗に抗議し、
悔しい表情を浮かべていただけに楽しみにしていた感が伺える。
インタビューでは『テレビで見ていてどういう気持ちになるかわからない。』と
浦和の要注意人物を8人も列挙。

三都主はボランチ出場が濃厚と報じられ、試合前のブーイングを
試合後には拍手に変えるプレーを目指す事が恩返しと言っているらしい。

マギヌン・金崎が不在だが、玉田が調子を上げている。
田中達也vs玉田の代表へのアピール合戦の様も。

浦和のサッカーを貫け

清水戦でやられたサイドからの攻撃は対策を講じているだろう。
それでもやられると思う。正直。
相手はサイドからの高さを武器にするチーム。

ただし、山さんも坪井もクレバーな選手。
平川も宇賀神も細貝も阿部もポンテも柏木も原口もそこは充分理解
しているだろうし、自分の役割と"組織"で対峙するはず。

結果として高い位置で奪えれば浦和のペースになるはずだ。
見所はミドルシュートか。
柏木・原口・阿部・細貝・達也の積極的なミドルとセカンドボールが
浦和の勝利を近づけるはずだ。
個人的には山さんのロングシュートが見たいけど。

磐田戦・清水戦とセカンドボールが拾えなかっただけに、コンパクトに
攻守の切替の意識を高くもち、セカンドボールから攻撃に厚みを持たせたい。

いつもと同じだが、
最後の笛が鳴るまで、勝利だけを目指して自分達のサッカーを貫いて欲しい。
その姿勢と意気込みが全て。それだけで魅せられる。

結果はその次。
勝手についてくると信じてる。

進化を見せろ!
声を枯らせ!

WE ARE REDS!

ニュース

ミニゲームでスピラノビッチから試合さながらのタックルを受けたポンテが、ポルトガル語で罵声を浴びすともみ合いになった。(中略)ポンテは「それだけ真剣なんだ」と、連敗ストップへの意気込みを口にした。

浦和守備陣が連敗ストップへ高さを克服する。(中略)非公開練習ではセットプレーを確認したもよう。(中略)DF堀之内聖は「位置取りを気を付けてやれば高さでも負けない」と話した。DF坪井慶介も「しっかり体を寄せて、相手にいい体勢をつくらせない」と対策は万全だ。

累積警告で出場停止となった闘莉王は、自らプレーする代わりに浦和攻略法を熱弁(中略)
「辛抱強くやればチャンスは来る。多少回されてもしっかり構えてチャンスを待つこと」と話せば、(中略)高さに欠けるDFラインを弱点として指摘(中略)「たっちゃんは調子がいい。ヒラ、ヤマ、ツボがいる。阿部ちゃんもいる。そして、タカ。実績があるし、点を取りそうな雰囲気がある。岡田さんも(日本代表に)選ばないかな」

ハーフコートゲームで主力組のボランチに入ったのは、左太腿痛のため1日の清水戦を欠場したMF細貝。フィンケ監督は「細貝が戻ってきた。エスクデロはメンバーに入れる状態になった。台所事情は改善してきた」と話し、右太腿痛で3月末から離脱していたFWエスクデロのベンチ入りを示唆

参考

闘莉王、埼スタで浦和戦実現せず・・・

まさかな・・・とは思ってたけど
やりやがった。

累積で3枚もらってた闘莉王が
磐田戦の前半、ゴール前のハンドで
イエローカード。

累積4枚で次節浦和戦は出場停止。

おいおい、日程君にも気を使って
もらってGWに古巣対決をお膳立て
してもらったのに。。。

埼スタでブーイングするか
逆に
闘莉王コールで戦意喪失させるか
迷ってたのに・・・。

あぁ~ぁ。

『みんなぁ、あつまれー!!』って
闘莉王が来ないじゃん。。。

ページ移動



ユーティリティ