ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

カテゴリー「予想・分析」の検索結果は以下のとおりです。

アベック優勝に向けて!

22日のG大阪戦に先駆けてレッズレディースの

天王山が、明日のINAC神戸戦!

現在、浦和Lは2位と勝点差5の首位!

残り2試合の現在の順位を整理しておきます。

 順位 チーム  勝点 
1位 浦和L 23
2位 日テレ 18
3位 湯郷B 17

残り2試合で勝点差5なので・・・

明日終了時点で2位と勝点差4離れていれば優勝。

明日、浦和Lが勝てば無条件で優勝です!

ここで、明日の優勝の条件を整理します。 

浦和L
優勝の条件

日テレ  湯郷B  結果
 浦和L  

○ 
(26)

 -
無関係
(21)
-
無関係
(20)
勝てば
無条件優勝
 △
(24)
 △or×
(19)
-
無関係
(20)
引分でも
I神戸次第
 ×
(23)
 △or×
(19)
△or×
(18) 
2チームの
結果次第

※浦和の()内は各結果後の勝点
※I神戸・湯郷Bの()内は条件内での勝点の最大値

明日、13:00-@ノエビアスタジアム神戸でK/O!

テレビではBSフジで生中継!

 

本日の川崎Fとのトレーニングマッチでは

負けてしまいましたが、浦和Lの優勝を機に

モチベーションを高めて欲しい!

※11/16追記:
  2位チーム名が間違っていました・・・

【回答】浦和レッズの最短優勝はいつか?

あまり気が進みませんが、多くの方が検索されているようですので簡単に回答しておきます。

浦和レッズの最短・最速優勝は、第32節 vs G大阪戦です。

30節終了時点(残り4試合)
 浦和:勝点58
 大阪:勝点55

32節終了(残り2試合)で勝点で7差がつけば優勝確定。

32節が直接対決なので、以下の3通りのいずれかで確定します。

ケース 31節 32節 勝点差
ケース① 浦和 ○61 ○64
大阪 △56 ×56
ケース② 浦和 ○61 ○64
大阪 ×55 ×55
ケース③ 浦和 △59 ○62
大阪 ×55 ×55

上記のCASE①~③のいずれかが最短優勝の条件です。

条件を整理すると、31節・32節で勝ち点差が7以上になる事
・32節の直接対決で勝つ事
・31節で1以上の勝ち点差がつく事

ちなみに、32節終了時に勝点差6では得失点差次第となりますので優勝は確定しません。

もうひとつ、ちなみに、G大阪戦のチケットは完売です。
さらに、ちなみに、名古屋戦のチケットはAWAYを残すのみです。

以上、回答でした~。

注目はやっぱり32節!!

Jリーグも残り4試合となりました。

気遣いのできる浦和は、Jリーグを盛り上げるべく、ご丁寧に足踏み・・・。
終盤戦をあつく盛り上げるべく一役買ってしまいました。

そんな終盤戦ですが、31節を除き、毎節、上位直接対決が行われます。
(現時点での順位を基準にしています)

20141028010249.jpg

前節の結果を受けて、事実上、浦和とG大阪の一騎打ちとなりました。

まず、3位以下の可能性を見てみます。

鹿島以下、川崎、鳥栖は勝ち点51(くらい)。
浦和を上回るには残り4試合で勝ち点7=2勝1分以上が必須。
これを実現するには、浦和が1勝1分以下である事が必須です。
仮に浦和が昨年の様に停滞した場合でも、続くG大阪が2勝1分
以下である必要がある訳です。
当然、これらのチームは全勝が前提になりますので、可能性は
極めて低いことが見て取れます。
可能性が残されるとすれば、32節の川崎・鹿島の勝った方と
なるでしょう。仮に引き分けるようなことがあれば、足の引っ張り
合いとなり、ACL出場圏内争いに回ることになるでしょう。

対して、上位2チーム、浦和とG大阪を見てみます。

勝ち点差3に対して、残り試合は4。
可能性上はいろいろ考えられますが、32節に直接対決を
残しています。

32節の直接対決の結果を先に想定すると・・・

・浦和勝利:浦和61 vs G大阪55 で勝点6差
・大阪勝利:浦和58 vs G大阪58で浦和と並ぶ、得失でG大阪
・引き分け:浦和59 vs G大阪56で勝点3差

直接対決”以外”の3試合で、上記の差を埋める戦いとなる訳です。

浦和の目線で見ると・・・
・浦和はG大阪戦で負けない、かつ、他の3試合の結果がG大阪と同等

G大阪の目線で見ると・・・
・G大阪は浦和に勝ち、かつ、他の3試合の結果が浦和を上回る
・浦和戦後の33節vs神戸戦は天皇杯準決勝から中2日

こうなると、直接対決以外の見方も変わってきます。

次節の結果次第では、一時は諦めた、ホームG大阪戦での優勝決定の
可能性も残されるわけです。

勝ち点差は詰められましたが、浦和優位には変わりません。
かつ、浦和が自らの手で、G大阪を突き放すチャンスも残っています。

累積警告、興梠の負傷、疲労の蓄積・・・
天皇杯・ナビスコ杯でG大阪が勢いづいてしまう・・・

数々の不安要素もありますが、約3週間の中断もあります。

この中断期間をうまく使って、チームを再構築して仕切り直して欲しい!

絶対優勝するぞ!

WE ARE REDS!!!

注目は第32節!

Jリーグも残り8試合となりました。

気遣いのできる浦和は、ご丁寧に敗戦・・・。
終盤戦を面白く、Jリーグの盛り上がりに一役買ってしまいました。

したたかな鹿島は大量5得点で、最多得点に向けて独走態勢に入ります。。。

そんな終盤戦ですが、31節を除き、毎節、上位直接対決が行われます。
(現時点での順位を基準にしています)

 20141028010249.jpg

浦和は、鹿島・G大阪・鳥栖と、3試合の直接対決を控えています。
ここできっちりと叩ければ、優勝は自ずと近づく訳です。

鹿島は、前上位チームとの対戦を残しています。
G大阪は、前節で鳥栖戦を終え、残り3試合の直接対決でありながら、
続くFC東京・広島戦を残しています。
川崎も同様に3試合+神戸・広島戦を残しています。

つまり、鹿島・川崎・G大阪は上位チームとの星取合戦となる訳です。
ここでどこかが抜け出すか、痛み分けで混沌とするか。

もちろん浦和も星取合戦に加わる事になりますが、他と違うのは
上位との対戦が少ない、上位対決を除き、10位以下との対戦という事。
当然、上位チーム同士の勝ち点の奪い合いとは一線を画す事ができる訳です。

浦和は、下位との対戦が苦手・・・
と解釈すれば、ちっとも良い情報では無いのですが。
前節、C大阪にも敗戦している訳ですし。。。

とはいえ、他の上位チームと比較して条件が多少良いのは事実です。

注目は第32節でしょう。
上位直接対決が2試合。

それまでに優勝争いするチームが絞られるでしょうが
ここでさらに2チームに絞られる予感がします。

浦和は下位のチームからしっかり勝ち星を拾っていけるか!?
そこまで優勝争いに食らいついていけるか!?

盛り上がる季節になってきました。

3度目の正直を信じて応援していきましょう!

柏木の累積警告が心配ですが・・・。

WE ARE REDS!!!

2010年 Jリーグ 終盤戦 シミュレータ

ACL出場権を目指し、1戦1戦大切にいきたいですね。

とは言っても、絶対に外せない試合はあるはず。

ということで、終盤戦の対戦シミュレータを作成しました。

あーでもない、こーでもないとお酒のお供にどうぞ。

参考

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4


ユーティリティ