ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「思う事」の検索結果は以下のとおりです。

ACL展望 Part.II - 各国クラブの動向

前投稿に引き続き、ACLモードに切り替えていかないと!という事で、遅ればせながらACLの展望をまとめてみました。

今回は、各国クラブの動向です。

アルカディシア(クウェート)

ACL初戦で浦和と対戦するアルカディシア。

  • 累積警告で主力4人(ムラデン・ヨバンチッチ/イブラヒマ・ケイタ等)を欠く。
  • クウェート代表のMFアデル・ハムド・アル・シャマリを獲得。
  • 8/1からエジプトキャンプを実施。
  • 8/16から8/25までペルシャ湾岸諸国強豪が集うガルフカップに参戦。
  • 上記ガルフカップを3勝1分けで予選を無敗トップ通過、失点は僅か1点。
  • ACL予選時のポルトガル人監督を解任、元クウェート代表監督のモハメド・イブラヒムを後任に。

初戦こそ主力4人が不在となるが、チーム自体は好調の様子。
不在の主力4人にとっては、連戦の疲れを癒す良い期間になってしまうかも。。。

サイパFC(イラン)

  • 元福岡のピエール・リトバルスキーを新監督に。
  • 2008/09シーズン開幕戦(vsペルセポリス)がリトバルスキー監督の初戦=黒星。
  • イラン王者(ペルセポリス)からDFホセイン・ガエビと司令塔アッバス・アガイェーを獲得。

あまりニュースを拾う事はできなかったが、大型補強を敢行、戦力UPは確実。
あとはリトバルスキー新監督の元、どれだけチームにフィットするか。

クルフチ(ウズベキスタン)

  • チリ代表ストライカー、ホセ・ルイス・ビジャヌエヴァを獲得。
  • バルセロナのカメルーン代表FW、サミュエル・エトオの獲得は失敗。
  • ブラジルの元スターのリバウドを獲得、デビュー戦で2得点。
  • ブラジル人DFのルイゾン(2007å¹´U-20W杯メンバー)を獲得。

一番派手な動向を見せてくれた。
同じく大型補強を敢行したサイパFCとの初戦は見応えがありそう。

アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)

ACL初戦で鹿島と対戦するアデレード・ユナイテッド

  • 移籍市場でかなりの戦力ダウン、7人の主力を放出。
  • イングランドのボルトンから19歳のDFスコット・ジャミエソンを獲得
  • 負傷離脱中のDFカッシオ(2007/08-MVP)が鹿島戦で復帰の可能性を示唆。
  • アトレティコ・ユベントスから移籍した新人のアレマオはACL出場枠から外れる。
  • 12日にメルボルンに敗れ、チーム状態は良くない。
  • 監督談:土曜日にシドニーに移動し、日曜日に日本に行く。あまり時間がないので、我々は本当にすばやい立ち直りを必要としている。鹿島戦は厳しい。

かなりの戦力DOWNに加え、過密日程・移動に苦しんでいる様子。
チーム構築が難航、チームは下向き。監督の苦労が伺える。

アル・カラマ(シリア)

ACL初戦でG大阪と対戦するアル・カラマ

  • 8/4、主力多数との契約更新をフロントが拒否した事を理由に監督が辞任。
  • 司令塔のアル・フセインら主力を放出。

司令塔の放出が痛手の様子。G大阪のバレー放出とかぶる印象。
戦力DOWNは否めないが国内二冠に王手。

ガンバ大阪(日本)

  • バレーの放出は痛かった。
  • Jリーグでは6試合勝ち無し(2分4æ•—)
  • 西野監督は"現状は正直なところ決していい状態ではない"と消極的な発言もACLで不振を振り払う事を期待。

鹿島アントラーズ(日本)

  • マルキーニョスの復帰、中田の獲得とチーム戦力は上向き。
  • Jリーグでは2位(J最多得点44)で首位争い。
  • オリベイラ監督は、"日本の3クラブの中で最も手強いチームを任されるハメになった"と相変わらず発言も決勝進出をイメージ。

まとめ

戦力UP-戦力DOWN
サイパ
クルフチ
アル・カディシアアデレードU
アル・カラマ

文面から動向を探ったところだと上記のようになる。
・鹿島 vs アデレード・ユナイテッド は鹿島優勢
・G大阪 vs アル・カラマ は均衡
・クルフチ vs サイパFC は均衡・注目
・浦和 vs アルカディシャ は・・・Part III で。

参考

ACL展望 Part.I - トーナメントと日程

えー、遂にACLの開始まで数日と迫ってきました。
浦和レッズは、今年も『ALL COME TOGETHER 2008』の実施を宣言し、2008年シーズンも佳境に入ってきました。

もういい加減、ACLモードに切り替えていかないと!という事で、遅ればせながらACLの展望をまとめてみました。

トーナメントと日程

まずは、トーナメント表の確認から。
ファイル 316-1.png

このトーナメントを乗り切り、ACL連覇を成し遂げる為の日程はこうだ。

No.大会/節日付/時刻対戦相手(会場)中日数
1J24節9/13 14:00-大分 (埼スタ)-
2ACL 決L19/18 4:00-アルカディシャ (クウェート)4日
3J25節9/21 18:00-大宮 (NACK5)2日
4ACL 決L19/24 19:30-アルカディシャ (埼スタ)2日
5J27節9/28 19:00-名古屋 (瑞穂陸)3日
6J26節10/1 19:00-京都 (駒場)2日
7J28節10/5 14:00-千葉 (フクアリ)3日
8ACL 準決110/8 未定未定 (AWAY)2日
-キリン C杯10/9 19:20-UAE (東北電ス)0日
-W杯 最終予10/15 19:30-ウズベキスタン (埼スタ)5日
9J29節10/18 15:00-神戸 (埼スタ)2日
10ACL 準決210/22 未定未定 (HOME)3日
11J30節10/26 14:00-新潟 (東北電ス)3日
12天皇杯11/3 13:00-未定 (駒場)7日
13ACL 決勝111/5 未定未定 (HOME)1日
14J31節11/8 14:00-札幌 (札幌ド)2日
15ACL 決勝211/12 未定未定 (AWAY)3日

9/13の大分戦から10/5の千葉戦までは過密7連戦、1ヶ月で7試合を行う。
ACLの準決勝に駒を進めればその後も過密日程が続く。
代表戦を除いても、試合の中日は平均3.06日。
4日に1度のペースが3ヶ月も続く。
田中達也・闘莉王・阿部など、日本代表でも要となる選手は更に過密度が増す。
それぞれケガを抱えているだけに、まずは移動距離と日程が敵となる。

未だに2トップを固定せず、ハーフタイムで好調の高原・田中達也を下げて不調エジミウソンを使い続けるなどの温情采配は、きっとこうした過密日程を乗り越える為。
いざという時に試合勘が無い、疲労困ぱい、それによるケガなど、オジェック采配時の反省を踏まえたものだろう。
そう信じたい。

ACLはもう始まった。
我々もうまく切り替えてACLに臨もう!

2009AFCチャンピオンズリーグ大会新形式

  • 出場チーム数は29チームから32チームへ増加。
  • 日本の出場枠は2チームから4チームへ増枠。
  • 前年優勝クラブのシード権は廃止。
  • 決勝戦は中立地で開催し、一発勝負へ。

参考

エジミウソン代理人から打診+拒否

先日のスポーツ報知の記事でエジミウソンの移籍話が急浮上したが、現実味はありながらも憶測の域は出ていなかった。

今回の記事では、エジミウソン側の代理人から打診があったことを認めた上で拒否する意志を示したものらしい。

移籍市場がすぐに閉まるこの段階で外国人選手を放出することは絶対にできない」と山道強化部長。(スポーツ報知)

『莫大な移籍金以外でクラブ間交渉に応じない』らしいけど、移籍金次第で交渉には応じるってこと?
どっちなんだよ?
渦中の本人だってクラブの意志は知りたいだろうに。
留意されるわけでもなく、新戦力獲得に失敗したから名前にかかわらず放出はNG、でもお金次第なら考えても良い・・・みたいな回答じゃ本人のモチベーションも上がらんだろうに。
『これから過密日程、ACL連覇にもJ奪還にも絶対に必要な戦力』くらい言ってくれれば良いのに。
本人も大爆発しちゃうかもしれんよ?

活かすも殺すも、この言葉じゃねぇ・・・って思った。
他の選手にも悪影響を及ぼさない事をただただ祈る。

参考

エジミウソン・・・移籍?

エ?ジミウソンが移籍?

カタールリーグの外国人移籍を統括する同五輪委員会とUAEリーグ強豪アルジャジーラの委任状を持ったFIFA代理人が23日の浦和―磐田戦を極秘視察した。
(スポーツ報知)

『赤い悪魔をオイルマネーが直撃!』という書き出しでスポーツ報知が伝えている。
『平均年俸約3億円と高給取り。今季の乏しい働きに見合わない。』とあるように、全くその通り。

正式オファーも来ていない、移籍市場も8月いっぱいで閉じるとあって実現は難しいだろうが、本人はどう思っているのかな?
サポも何だかんだ言っても、いざ放出となると議論の余地はありそう。
3年契約だろ?まだ半年足らずだぜゃ。

それより何より、浦和の選手である限り、スタメン奪取にモチベーションを落とさず頑張ってもらわなきゃ困る。

参考

本田はどうしたいんだ?

18日に予定されていたVVV会長と本田との会談が20日に延期。
それより浦和側への回答も延期。
日程的には非常に厳しい。
本田はどうしたいんだろう。

まぁ、"会談"だから相手があることだし、本田の一存でどうのこうのなる事では無いけれど。

VVV側の作戦かもしれんしなぁ。
このまま浦和は振り回されるのか?

余計なストレスは極力排除したいところだが。。。

参考

ページ移動



ユーティリティ