ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「ACL」の検索結果は以下のとおりです。

レッズサポータは暴徒化する・危険・理性がない

”レッズサポータは暴徒化する”から危ないとか理性がないとか。
よく言われる事だ。
この件に関してREDSサポーターが何を言ってもあまり分かってもらえないだろうから何も言わない。

ただ、読んで頂きたい記事を見つけたので読んで頂きたい。

9/26/2007のACL vs全北現代 に関する記事だ。

審判の判定に納得のいかない(全北現代)サポーターは試合中からペットボトルなどをピッチに投げ入れていたが、試合後には数え切れないくらいのペットボトルがグランド、審判へ投げつけられ、騒然とした雰囲気になった。しかし、その騒然とした雰囲気が一瞬にしておさまった。それは、浦和サポーターがタオルマフラーを掲げて「We are Diamonds」の大合唱しはじめたときだ。今まで敵意むき出しだった全北現代サポーターもその壮観さにみとれていた。合唱後にさっきまでものすごい剣幕で怒っていた全北現代サポーターが、やや苦笑い気味ながらも微笑んで帰っていった。全文を読む

[J's Goal]AFCチャンピオンズリーグ2007|ニュース&レポート

【川崎FC】ACL 準々決勝の川崎FC戦

9月26日(水)の川崎戦の録画放送があったので見る事にした。
川崎は終始攻めていた。形もできていた。
それ以上に選手の”勝つ”為の思いが伝わってきた。
メインスポンサーの富士通社長が社員に”応援に行きましょう”と
伝えた事も、当日の川崎サポーターの応援も一丸となって、まさに”悲願の”勝ちを争う試合だった。
前半からいずれ1点が入る。そう信じる展開だった。
相手のセパハンの戦い方、それに対する川崎FCの戦い方を分析する事はしないが、勝てる試合、勝って欲しい試合だった。
心から思う。
PK戦で負けはしたが、川崎FCはサポーターを含め立派だった。
すばらしいサッカーを見せてくれたと思う。本当に良くやってくれたと思う。

PKでの決着が着いた後、会場全体から浴びせられる惜しみない拍手がそれを裏付けている。

J's Goalへのチームの枠を超えての応援メッセージ。
REDSサポ、G大阪サポ、鹿島サポ・・・様々なチームサポーターから
応援のメッセージが寄せられていた。
それだけでも大きな収穫ではないだろうか?

確かに結果は伴わなかった。
しかし責められる理由はどこにもない。

スポーツはすばらしい。
浦和REDSは負けない。そう信じているがACLの王者の栄冠を取ったとしても
それまでに去らざるを得なかったチームにRespectを忘れてはいけない。
そして万が一途中で去る事になっても、潔く相手に敬意を払いたい。
川崎FCは素晴らしかった。
これだけは声を大にして言っておきたかった。

川崎FはACL敗退と“犬飼発言”の二重ショックで困惑した
スポニチAnnex

○2007年準々決勝第2戦 vs 全北現代(韓国・全州)


浦和 2 - 0 全北現代

得点

03分 【浦】田中達也
66分 【浦】オウンゴール

試合後

浦和の冷静さと実力の前に全北現代が自滅
ある程度予測はしていたがカード8枚が乱れ飛ぶあれた試合。
ついでにロケット花火に水入りペットボトルまで乱れ飛んだ。

前半早々にポンテのシュートのこぼれ球を田中達也が押し込んだ。
早い時間での得点で全北は厳しい展開に。
累積警告もなく、警告よりも勝ちを優先したのかアンフェアな
プレーが目立ち始めた。
ポンテが背後から蹴られたり両足へのキック、腕を抱え込んで倒れ込むなど体当たりの・・・というより卑劣なプレーが怒りを誘う。
しかし浦和は耐え続けると、韓国は自滅の道を進む。
自らのプレーで自らを不利にし、苛立ち、警告を受け、退場者も出す。

浦和は相手の”激しい”当たりを警戒してか、ボールキープを
少なくし、素早くボールを離すプレーに。

後半にはコーナーキックからオウンゴールを誘い、浦和のサッカーに対する毅然とした姿勢を示し、正義の勝ち点3を手にした。

途中、闘莉王が相手のひじを顔面に受け大量流血する場面もあったが、止血して継続出場。
試合後には全北現代の選手が主審に中指を立てて挑発するなど
目を覆いたくなる場面も多くいろんな意味で記憶に残る。

私的には、同点でもいいからとにかく全員がケガ無く無事に帰ってきて欲しいと願わざるを得ない試合展開だった。

選手交替

58分 田中達也→ワシントン
76分 ポンテ→小野伸二
89分 鈴木啓太→内舘秀樹

警告

14分 【全】チョン ギョンホ
23分 【全】チョン ギョンホ
27分 【全】チェ ジンチョル
57分 【全】チェ チョルスン
71分 【全】ステボ
74分 【全】キム ジェヨン
83分 【全】キム ヒョンボム

⇒【2007年ACL】警告

ACL 準決勝

  • 2007/09/27 18:59
  • タグ:ACL

ファイル 30-1.gif

ACL 準々決勝(vs全北現代)を見事勝ち進んだREDS!
準決勝の相手は城南一和に決まった。

画像はトーナメント表。
見にくいですが・・・m(_ _;)m

ACL準々決勝第2戦(アウェー)にて

まず、オジェック監督の言葉を借りれば”全選手を褒めてあげたい”。
私の言葉で言えば、全選手を讃え誇りに思う。
REDSサポーターでいられる事に大きな喜びと誇りに満ちている。

ロケット花火や水入りペットボトルの投げ入れにも屈せず
自分たちのやるべき事・できる事をきっちりとし、サッカーで叩きのめしてくれた。
相手の挑発に乗る事も無く。
頭にも来るし耐え難いシーンも多かったと思う。
危険なプレーも多い上、試合後にはメディアを通じて名指しで非難されもした。
しかし最後まで冷静で勇敢で・・・本当によく耐えてくれた。
風格というか”威風堂々”というか。
全選手の姿勢に私は感動が収まらない。

こういう試合で勝利を収められない訳がない。
闘莉王の言葉を借りれば”罰が当たっても”仕方がない。
勝利の女神はしっかり見ていてくれるだろう。

しかし、サポーターはどうか?
不用意な挑発をしてはいなかっただろうか?
不用意な挑発にのってしまってはいなかっただろうか?

それぞれの背景も事情もあるだろうしそれに苦言を呈する気もない。

韓国を一括りにするつもりはない。
日本を一括りにするつもりもない。
韓国サポーターを一括りにするつもりもない。
浦和サポーターを一括りにするつもりもない。

次戦も韓国で行われる。しかし別チームだ。
先入観を捨て、毅然とあるべき姿を貫きたい。
全選手が我々にサッカーで見せてくれたように。

共に闘う
この言葉をもう一度しっかりと胸に受け止めたい。

ページ移動



ユーティリティ