ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「NEWS」の検索結果は以下のとおりです。

[速報]ナビスコ予選1位通過は不可能

ナビスコカップ予選第4節が終了し、浦和レッズの1位通過ができないことが確定した。
試合結果は以下の通り。

京 都●0-1○神 戸
名古屋○4-2●浦 和

この結果、浦和レッズの勝ち点は2のままで、残り2試合を連勝しても、首位を走る名古屋の勝ち点9を超えることはできず、1位通過は不可能となった。
浦和レッズが2位の枠に入って予選を通過するには、京都が残り2試合(名古屋・神戸)をどちらも引き分け、浦和レッズが連勝する事。
その場合、浦和レッズの勝ち点が8となり、京都・神戸の勝ち点7を上回ることができ、他の組の結果を待つことになる。
ただし、他の組の2位は2試合残した現在で勝ち点が7・7・5で、残り2試合終了後には浦和レッズの勝ち点8を超えることが濃厚、浦和レッズにとっては2位通過も非常に狭き門となる。

さて、この状況をエンゲルス監督はどうとらえるか。
西澤や原口などの若手の育成やサブ組の連携を深める時期ととらえるか?

いずれにしても代表組は6月22日のW杯予選バーレーン戦終了後まで帰ってこない。
6月に合宿を予定している浦和レッズだが、中断前のこの時間をどのように使うのか。

ACL組み合わせ決定!初戦はクウェート・・・

本日14:00(日本時間)より、2008年ACL決勝リーグの組み合わせ抽選が行われました。
ガンバ系ブログや鹿島系ブログでは驚くほど触れられていませんが・・・。
結果は以下の通り。

9/17・9/24チームAチームB
準々決勝1サイパ
イラン
クルブチ
ウズベキスタン
準々決勝2鹿島アントラーズ
日本
アデレード・ユナイテッド
オーストラリア
準々決勝3アルカディシャ
クウェート
浦和レッズ
日本
準々決勝4アルカラマ
シリア
ガンバ大阪
日本
10/8・10/22チームAチームB
準決勝1準々決勝1の勝者準々決勝2の勝者
準決勝2準々決勝4の勝者(浦和レッズ)
11/5・11/12チームAチームB
決勝(浦和レッズ)準決勝1の勝者

日本の3チームを除けば5チーム中4チームが中東・・・。
移動のことを考えると、予選リーグに続いて鹿島はクジ運が強い印象。。。
やるなぁ、鹿島。

各国のチームについてはもちろん全く知りません。。。
で、調べてみると、浦和レッズの対戦相手であるアルカディシャは、2006年の決勝リーグで準決勝まで行っている。

順当に勝ち進んだとしても去年と違うのは、決勝がAWAY→HOMEではなくてHOME→AWAYの順で試合が行われること。
2連覇を決めて歓喜に沸くのがAWAY・・・。
ちょっと勝手が違いますな。

ガンバ大阪・鹿島アントラーズも順当に行って、準決勝が浦和レッズ対ガンバ大阪、決勝が浦和レッズ対鹿島だとまだ良いのですが。
国内ですし。
それでも歓喜の表現には気を遣わないとw

参考

「レッズのサッカーが全て変わるよ」

頼もしい。
頼もしすぎる。

「僕が戻ればレッズのサッカーがすべて変わるよ。(患部に)腫れも痛みもない」

上は、ポンテの言葉。
シュート練習も行っているようで、右足の強烈なシュートを放っていたようだ。

ポンテ自身は、リーグ中断明けの6月中の復帰を目標に、じっくり仕上げたいと語っているようだが、エンゲルス監督はナビスコカップ(5/25、5/31、6/8)での復帰を考えているようだ。

とにかく焦りは禁物、無理だけはさせないでほしい。

参考

続々 キタ━━(゚∀゚)━━

全体練習に合流したのはポンテだけでは無いみたいですね。m(__;)m

三都主も鈴木啓太も坪井も田中達也も!
今日は平川以外の全員が揃って始まったみたいです。

大原での練習の様子が花手まりさんの花手まり練習場日記に詳しく載っています。

いやぁ、中断明けの浦和レッズが楽しみですね。
あとは、代表組が某監督に壊されないことを祈るばかりです。

ポンテ キタ━━(゚∀゚)━━

昨年より長期離脱してブラジルでリハビリしていたポンテが全体練習に合流!

エンゲルス監督は「だいぶいい感じできている。さすがにG大阪戦(17日)は間に合わないけど、ナビスコ杯にと考えている」と、遅くとも6月8日の名古屋戦(ホーム)での復帰を示唆した。(日刊スポーツ)

4月の帰国からスタジアムで高いところから観戦していただけに、高原やエジミウソンの使い方にいろいろなアイディアを巡らしていることだろう。
まぁ、試合の感覚や体力を取り戻すまでに時間はかかるだろうけど、期待だけが増大する。

無理してまた離脱・・・というのは絶対に避けてほしいので、慎重に参加してほしいが、やっぱり期待しちゃう。。。

田中達也、鈴木啓太、三都主、坪井、平川・・・
蒼々たるメンバーが離脱中の浦和レッズ。
それでも現在1位。
全員帰ってきたらどうなっちゃうんだろう。。。
監督が困るだけか?
また迷走しちゃうか!?

闘莉王を含め、状態のよくない選手には無理をしてほしくないのが一番の気持ちかな。

参考

ページ移動



ユーティリティ