ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

ステージ優勝と引き換えに・・・

無敗でのステージ優勝!

やりましたね。

 

でも、それもここまでにしましょう。

個人的には、ステージ優勝と無敗記録と引き換えに勝ち点2を差し出した印象。

 

年間優勝を狙うんでしょ?

2ndステージが始まってもこれまでの勝ち点はリセットされませんよ。

年間通して積み上げるんですよ。

 

今日、広島が大量得点で勝ち、勝ち点差が2縮まりました。

年末にこの勝ち点2が大きく響かないように、切り替えていきましょう。

 

そりゃ、嬉しいですよ。

大小あれど、久しぶりのタイトルですもの。

 

でも、ステージ優勝で得るモノはあまり大きくない・・・

champ1.jpg

賞金5千万円は良いとしても、

チャンピオンシップ出場権の5枠の内の1つ。

大抵の場合、年間勝ち点上位がステージ優勝枠を兼ねる事が予想されるので、枠はそれ以下になるだろうけど、たったこれだけなわけです。

champ2.jpg

トーナメントで見ても、ステージ優勝枠も結局は年間勝ち点に左右されるので、まだどこかも分かりません。

そんなもんです。

 

無敗記録。

確かにすごいです。

でもね、極端に言えば、全部引き分けでも無敗です。

でもその場合は年間勝ち点はたった34です。

 

無敗・・・

負けそうな試合で勝ち点を拾う”負けない”ことと、勝ちきれないけど”負けない”ことは大きく違うのです。

 

無敗記録!そんな言葉に踊らされそうになっている状況に危惧をしてます。

 

次節、17節は折り返し、ホームでの新潟戦です。

ホーム連勝記録!こちらを継続していきましょうよ。

 

年間勝ち点1位!2ndステージ優勝も達成して”真の王者”を目指しましょう!

優勝はホーム清水戦!?

本日の鳥栖戦は、便秘が解消したように、大量得点となりました。

また、広島・G大阪ともに引き分けてくれたお陰で、優勝がグッと近づきましたね。

 

下の表の通りなので、他チームに関係なく勝点6を獲得(2勝)すればその時点で優勝ほぼ確定(*1)です。

G大阪・広島が勝ち点を落としてくれれば(引分け・負け)、その分近づいちゃいます。

優勝の可能性を残すのは5チーム。現実的には3チームですかね。。。

 

■第14節終了時点(5月30日)

順位 チーム名 勝点 残試合 最大 猶予
1 浦和 33 10 3 0 4 45  
2 広島 27 8 3 3 3 36 3
3 FC東京 26 8 2 4 3 35 2
4 G大阪 24 7 3 2 5 39 6
5 横浜FM 24 7 3 4 3 33 0
6 川崎 21 6 3 5 3 30 -
7 湘南 19 5 4 5 3 28 -
8 鳥栖 19 5 4 5 3 28 -

※猶予:値が0未満で優勝の可能性消滅。
首位の勝ち:3減少
首位の引分:1減少
自チームの引分:2減少
自チームの負け:3減少

※"-"は既に優勝の可能性が消滅済み。
猶予値は減少のみ。増加はしない。

G大阪が3日に未消化となっていた第10節の鹿島戦を落とせば、最大の勝点が36になり、浦和が1勝すればほぼ優勝が確定(*1)します。

最終的に確定するのはその次のホーム清水戦で、引き分け以上またはG大阪が引分け以下で確定します。

いやぁ~ステージ優勝とはいえ、楽しみでなりません!

 

ちなみに、那須君が次節出場停止です。。。

 

*1:ほぼ確定=勝点が並ぶ可能性があるが得失点差を考慮すると逆転は困難と判断しました

引分けで鳥栖の優勝の可能性が消滅

本日の鳥栖戦。

鬼門ではあるが、更に、本日の対戦で引分けまたは鳥栖の負けだと、鳥栖の優勝の可能性が消滅する。

ますますやりずらい一戦になりそうだ。。。

■第13節終了時点(名古屋・神戸は本日14節分反映)

 

順位 チーム名 勝点 残試合 最大 猶予
1 浦和 30 9 3 0 5 45  
2 広島 26 8 2 3 4 38 8
3 G大阪 23 7 2 2 6 41 11
4 横浜FM 23 7 2 4 4 35 5
5 FC東京 23 7 2 4 4 35 5
6 川崎 21 6 3 4 4 33 3
7 鳥栖 19 5 4 4 4 31 1
8 名古屋 18 5 3 6 3 27 -
9 湘南 18 5 3 5 4 30 0
10 神戸 16 4 4 6 3 25 -

※猶予:値が0未満で優勝の可能性消滅。
首位の勝ち:3減少
首位の引分:1減少
自チームの引分:2減少
自チームの負け:3減少

※"-"は既に優勝の可能性が消滅済み。
猶予値は減少のみ。増加はしない。

上記のように、浦和があと2勝すれば4位以下の優勝の可能性は消滅する。

また、その間に広島が連勝を逃すと広島も脱落し、G大阪との一騎打ちとなる。

興梠、5.2 G大阪戦で復帰

興梠が帰って来る!

次々節の天王山、首位争いとなるG大阪戦に興梠が照準を合わせた。

埼大との練習試合に途中出場、20分程の出場ながら感覚を確かめたようだ。

2ステージ制の短期決戦、次々節は浦和vs大阪に加えFC東京等に上位対決が組まれている。

天王山に照準を合わせた。

昨年の天王山で強行出場を志願し、怪我を再発させた上に敗退。
代表招集も棒に振った興梠が満を持して復帰する。

ズラタンや武藤がフィットしつつあり、結果を出しつつある今、興梠復帰は心強い。

できれば石原とのコンビネーションを期待したかったが…

ただ、首位に貢献しているメンバーも黙ってはいない。
ズラタン、武藤、高木…
ここ一番で主役の座は譲らない。

ケガによる負のスパイラルから抜け出した興梠が、首位を走る浦和の攻撃陣の競争を促し、また一つ強力になる、プラスのスパイラルをもたらせられるか。

いずれにしろ、嬉しいニュースには変わり無い。

興梠復帰、興梠ここにありのプレー。
楽しみで仕方がない。

厳選18人で乗り込む2015シーズン初戦

いよいよ2015年シーズンが始まります!

去年よりオフシーズンがあっと言う間だった気がします。

さて、チームは既に水原三星戦に向けて韓国に乗り込んでいます。

12名の新加入選手も加わり、気になる帯同メンバーは18人。

全28人ですから10選手が日本に残りXeroxとJリーグに備えます。

■ACL vs 水原三星戦 帯同メンバー

Pos  Name Q
GK 西川、大谷 2
DF 森脇、那須、槙野
加賀、橋本
5
MF 青木、阿部、鈴木
宇賀神、関根
柏木、梅崎
7
FW ズラタン、高木、李、石原 4

 

■日本で調整メンバー 

Pos  Name Q
GK 岩館、福島 2
DF 永田、茂木、岡本 3
MF 平川、小島、斉藤 3
FW 武藤、興梠 2

永田・岡本、武藤、興梠はJ開幕に照準を合わせてリハビリ・調整中です。

 

こう見ると、非常に多彩な布陣を敷くことができる、期待に溢れるメンバーです。

気になるスタメンは、宇賀神と橋本の両ワイド、ズラタンの1トップ、柏木・石原の2シャドーのようです。

いきなり3人の新加入選手のスタメンが想定されている訳です。

 

今日のG大阪と柏のACL初戦は勝ち星無し。。。

ACL初戦が難しいことに加え、対韓国のAWAY戦、浦和の開幕戦は敗戦が恒例と悪い要素しかありませんが、ここ数年の様子と新加入選手とのシナジー効果に期待して勝ち点を奪って帰ってきましょう!

参戦組はくれぐれも気をつけてm(__;)m

国内組は埼スタのパブリックビューイングとなるでしょうか。

スカパー!はJリーグセットとは別に日テレ系チャンネルを契約しなければ見られません・・・。

元川崎のチョンテセもいるし、ピッチはボコボコらしいし・・・

くれぐれもケガ無く、90分集中して帰ってきてほしい!

 

勝てば予選突破がグっと近づくだけに、特に立ち上がり15分を集中して力を出し切ろう!

 

2015年もWE ARE REDS!



ユーティリティ