ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「思う事」の検索結果は以下のとおりです。

新生浦和レッズ始動へ

ナビスコは得点差以上に実力の差がハッキリした。

数年前、2年連続鹿島と決勝を対戦した時は、
1年目に負けた。

数々の選手が口にしているように、
1年目に負けたからこそ、2年目の覚悟と本気が、
真の気迫が引き出された。

今の浦和は自分達の100%をまだ知らない。
今の浦和は自分達の120%をまだ知らない。

鈴木啓太がこう言っている。
"高い授業料"

いやいや、安い授業料だ。

今の浦和に必要なのは、

【気迫】

より強い【強くなりたい】と思う【気迫】。

これを知るきっかけとなれば、充分に安い授業料だ。

リーグ戦ではこんな想いはなかなかできない。

それだけに、価値のある"敗戦"にしたい。

価値のある"敗戦"になると信じる。

 

この敗戦で、新生浦和レッズは
やっとスタートを切ったと感じる。
 

1年後に大きな期待をしようじゃないか。
 

浦和はきっと躍進の道を進んでくれる。

 
きっと浦和再生を実現してくれる。

フロントがこれ以上、血迷った事をしなければ。。。

川崎戦と言えば・・・

浦和は『まだまだ』だ。

昨年の12月にこんな事を書いた。

最近の浦和レッズのサッカーは見ていて面白い。

勝ったり勝てなかったりだけど。。。

でも、選手の意気込みというか姿勢というか

そういう90分間のストーリーがビンビン伝わってくる。

 

前節の川崎戦もそうだった。

確かに課題は多いかもしれない。

確かに順位は中位かもしれない。

でも後半の意気込みは、チームとしてのまとまりと成長の証だと感じた。

 

これが【浦和レッズ】に求めていたモノかもしれない。

順位には満足できない。

現状にも満足できない。

でも、非常に大きな期待感と、選手の姿勢に誇らしさを感じる。

 

浦和はまだまだ。

その通り。

まだまだ弱い。

まだまだ課題が多い。

まだまだ未熟。

 

でも、

 

まだまだ伸びる。

まだまだ強くなれる。

まだまだ期待できる。

こんなチーム、応援せずにはいられない。

 

こんなチーム、応援せずにはいられない。

 

今、この時に

参戦せずにはいられない。

今年も同じだなぁ~。

と、思いつつも、やっぱり面白い。

今年も同じ事を~。

と、思いつつも、やっぱり応援せずにはいられない。

明日は、川崎経由で埼スタ。

盛り上がってきた!

参考

ひさびさの・・・

ひさびさの更新です。

でも、更新する事がないなぁ。。。

あぁ、明日勝たないかな。

 

 

明日は、仕事の都合で川崎から埼スタ直行。

アウェーからホームへ!

 
勝つぞ!

WE ARE REDS!

達也:期待して構わない

田中達也のコメント

期待してくれて構わない。
そういう緊張感を背負いながらプレーするのが浦和。

あぁ・・・
なんて頼もしいんだろう・・・。

宇賀神、元気の気迫溢れるプレーの数々。

これが浦和だろ。

明日の開幕戦は

大いに期待する!

参考

開幕5試合が全てか

いよいよ開幕!
待ち望んだ開幕です。

今年は監督が替わって1年目。
だけど、ペトロだからか?
1年目とは思えず。。。

プレシーズンマッチでは良い結果を残せず、
それどころか不安要素を噴出させてくれました。

個人的にはあまり心配していませんが
それでも開幕後の5試合が今シーズンを占う事になりそうです。

開幕5試合のカード

2008年(●0-1横浜)、2009年(●0-2鹿島)、2010年(●0-2鹿島)と
3年連続開幕は負けている。・・・ので?今年もあまり気にしていない。
それよりも内容とその後の4試合が気になる。。。

  • 第1節 vs 神戸:リーグ3連敗中。
  • 第2節 vs G大阪:2007年以降、5æ•—1分で未勝利が続く・・・
  • 第3節 vs 山形:2010年は2æ•—1分(ナビスコ含む)で未勝利中・・・
  • 第4節 vs 川崎:そこそこだけど、ホームでは2勝3æ•—1分・・・
  • 第5節 vs 磐田:1勝2æ•—1分と分が悪い・・・

開幕に負けている2008年からの3年は、開幕に躓きながらも
3勝以上でやり過ごしている訳だが、今年の組合せは少し
事情が違う気がする。

まぁ、他の試合に勝っているかと言われれば、10位な訳だし
決して分がよいというわけではない。

この5試合を3勝以上で乗り切れれば、昨年以上のペースと
言えるかもしれない。

勝ちきる事、追い付く事、試合を通じて修正できれば、
今年の浦和は期待して良いのかもしれない。

まずは、5試合に注目してみたい。

参考

ページ移動



ユーティリティ