ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「ACL」の検索結果は以下のとおりです。

年間スケジュールおかしくねーか?(2015年間スケジュール公開)

2015年のスケジュールが立て続けに決定・公開されました。

ACL、Xerox、ナビスコ杯、J1リーグと。

浦和レッズのみを該当とした年間スケジュールはこちらでまとめてみましたが、2ステージ制にする理由がやっぱり分からない。。。

チェアマンは、『山を2つ用意する事で盛り上げる』と言っていますし、『2015年は何としてもACLで結果を残したい』とも言っています。

でもね、年間スケジュールを見ていて思うんだけど、タイトル争いが後半に集中し過ぎてないか?

heatmap.jpg

本当にACL獲らせたいと思っているスケジュールにはとても見えない。。。

2ステージ制にしてチャンピオンシリーズ?を設ける事で、スケジュールもタイトになっているし。

ナビスコ杯と天皇杯は、敗退するとその後の試合が無いから、多忙なチームは限られるけども、ただその一方で、盛り上がりという点でも、盛り上がるのは一部のチームだけという事になる。

だったら、天皇杯かナビスコ杯の予選を7月くらいから始めて、翌年の6月とかに決勝にすれば?

山は2つできるでしょ?

2ステージ制って、それくらいはちゃめちゃな議論の様な気がするんだけど?

決まってしまった事はしょうがないし、1ファンとしては試合が増える事は良いことだ。

でもなぁ~

どうしてもJリーグの目指している事とやっている事に矛盾を感じる。。。

浦和が順当に勝ち進んだら、来年もまた、年末に息切れしてどのタイトルも獲れないという事になりかねない・・・

あぁ~もどかしい。

2015年浦和レッズ年間スケジュール

2015年ACL組合せ確定にホッとした・・・

imageafc.jpg

本日の天皇杯でG大阪が優勝、第二代表以下が流動的だったACLの組合せが確定しました。
ちなみに、Xeroxスーパーカップの出場も決まり、2015年2月28日(土)に開催されます。

まず、2015年のACL出場資格を整理しておきます。

■2015年ACL出場資格(日本) 

本大会出場権
第1代表枠 J1 リーグ戦優勝 G大阪
第2代表枠 天皇杯優勝 G大阪or山形
第3代表枠 J1 リーグ戦2位 浦和
プレーオフ経由
第4代表枠 J1 リーグ戦3位 鹿島

各代表枠に同一チームが重複した場合、各代表枠が繰り上げされ、不足分はJ1順位上位から充当されます。
よって、本日の天皇杯で山形が優勝していた場合は浦和が第3代表として、G大阪が優勝した場合は第2代表枠に繰り上げされる事となっていました。

結果として、本日の天皇杯でG大阪が優勝しましたので、順次繰り上げし、Jリーグ4位の柏が補欠当選となりました。

山形に何も与えられないのは・・・とも思いますが。

■2015年ACL所属グループ(日本)

本大会出場 組合せ
第1代表  G大阪 グループF 
第2代表 浦和レッズ グループG
第3代表 鹿島 グループH
プレーオフ
第4代表 グループE**

 **プレーオフで勝ち抜いた場合

■2015年 ACL組合せ(浦和レッズ)

グループG
オーストラリア ブリスベン・ロアー  
日本  浦和レッズ 2007年優勝
Jリーグ2位 
韓国 水原三星 Kリーグ2位
PO4 中国
タイ
マレーシア
インド
 

G大阪が天皇杯で勝ってくれたおかげでグループHは免れました。。。
以下で見て頂ければ分かりますが、グループHは強敵揃いです。。。

プレーオフ次第ですが、移動も含め比較的有利なのではないでしょうか。

 

■2015年 ACL組合せ(日本)

グループE
韓国 全北現代 2006優勝
2011準優勝 
中国  山東魯能  
ベトナム ビン・ズオン   
PO2 柏(日本)
チョンブリFC(タイ)
キッチー(香港)
2/17確定

柏は勝ち上がってもベトナムのAWAYに苦しめられそうです。。。
が、順当ならグループ突破は難しくなさそうです。

グループF
日本 G大阪 2008優勝
Jリーグ優勝
韓国 城南FC 2004準優勝
2010優勝 
タイ ブリーラム・ユナイテッド  
PO3 オーストラリア
中国
ミャンマー
シンガポール
 

G大阪はタイのAWAYで順当に勝ち点を拾えればグループリーグ突破は堅そうですね。

グループH
中国  広州恒大 2013優勝
中国優勝
オーストラリア ウェスタン・シドニー 2014優勝
日本 鹿島 Jリーグ3位
PO1 韓国(FCソウル)
ベトナム
インドネシア
Kリーグ3位


死のグループ・・・。
あの広州恒大とクラブワールドカップ出場中のウェスタン・シドニー。
グループリーグ突破は簡単ではありませんね。

ちなみに、FCソウルにはエスクデロ、ウェスタン・シドニーにはスピラノビッチがいます。

2015 ACL 組み合わせ抽選

12月11日(木)の日本時間17:00よりマレーシアにてACL2015の組み合わせ抽選会(オフィシャルドロー)が行われます。

11月29日に日本からは3.5チームの出場枠と変更になっている為、現時点で出場が決定しているのは、浦和レッズとG大阪と鹿島。

■ACL出場資格(日本)

 

本大会出場権
1 J1 リーグ戦優勝 G大阪
天皇杯優勝 12/13確定*
3 J1 リーグ戦2位 浦和
プレーオフ経由
4 J1 リーグ戦3位 鹿島

 

*天皇杯は、12月13日(土)G大阪vs山形の決勝戦が残っていますので、当事者の山形と、J1リーグ戦4位の柏にも可能性が残っています。

場合によっては、J1昇格を決めているものの、J2の山形がACL出場権を獲得する訳で、天皇杯に優勝さえすれば大学だろうが世界に通じる門扉が開かれているサッカー界の仕組みには頭が下がります。

本日、中止になっていた柏vs新潟戦で柏が勝利、4位に浮上した為、追記・編集しました。

一丸となれなかったスタジアム

ファイル 381-1.jpg

『Auf Wiedersehen GERT(さようならゲルト)』
『Treten Sie zurück, Herr Engels(辞任しろエンゲルス)』

なぜ、昨日のあのスタジアムにあったのか、不思議でなりません。

『一丸になって』勝利を目指したあのスタジアムに。

どこか『諦め』があったということか?
どこか信じられなかったのか?
スタジアムは一丸になれなかったのか?

とにかく残念でしかたないです。

僕はあの瞬間チームと一つになりたかった。
そういう一体感をみんなに見せたかった。

選手と一緒にスタジアムを一周した理由をこう語ったエンゲルス監督。

日付が変わる午前0時ごろまで「チーム一丸になって絶対勝つ」の横断幕とともに約100人ほどが残った。
選手バスが出発する際には(略)「FIGHT TOGETHER FOR URAWA」の横断幕を掲げていた。

私も残れば良かった、残りたかったとただただ後悔している。

もうなりふりなんて構ってられないぜ。
これが今の浦和レッズの現実なんだ。

今季ももう数試合しか残されていない。
だったら、本当に一丸となって、毎試合、ただその1勝の為に全力で応援しようよ。
それが浦和としてのPRIDEじゃないか?

[結果]●2008年ACL準決勝 第2戦 vs G大阪(埼スタ)

浦和 1 - 3 G大阪

得点

36分 【浦和】 高原
51分 【G大阪】 山口
72分 【G大阪】 明神
76分 【G大阪】 遠藤

選手交代

46分 【G大阪】 ロニー → 佐々木
71分 【G大阪】 安田 → 山崎
76分 【浦和】 堤 → 田中達也
81分 【浦和】 平川 → 永井
90分 【G大阪】 ルーカス → 播戸

警告

22分 【浦和】 闘莉王
62分 【G大阪】 佐々木
70分 【浦和】 山田
85分 【G大阪】 加地
90分 【G大阪】 播戸
 *警告状況

レビュー

ファイル 383-1.png

参考

ページ移動



ユーティリティ