ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「2008å¹´」の検索結果は以下のとおりです。

[試合前]2008年Jリーグ第11節 vs 千葉(埼玉スタジアム)

浦和 vs 千葉

試合前

過密5連戦の4戦目、前節の神戸戦から中2日での対戦となる千葉は、現在勝ち星無しの最下位。
この時期に、こういったチームと対戦する事には些かの不安がある。

相手に付き合ってズルズルと試合を運び、気の緩みと共に失点、自分達のペースを取り戻す前に試合終了・・・。
昨年の横浜FCにしろ、愛媛にしろ、こういった状況ではめっぽう弱い浦和レッズ。
連敗ストッパーとまで称される事もあるくらい、格下・絶不調相手の試合を苦手としている。

千葉は、勝ち星無しと言っても、絶不調という訳ではない。
前節でも、チャンスは作っていたし、試合を組み立てられていないという訳ではない。
加えて、監督辞任の報道までされている。
なりふり構わず来るであろう千葉を相手にする事は難しいだろう。

鹿島戦に匹敵する集中を見せなければ命取りになるだろう。

平川の負傷によって、左に相馬・右に山田となるかと思いきや、永井を右に配置し、トップ下に梅崎と報じられている。
相馬・梅崎・永井でドリブル三銃士だそうだ。

前節の神戸戦で善戦し、良いところ悪いところがハッキリ表れ、ミーティングではDVDで動きを確認したという。
守備陣が攻守に渡り頑張っているだけに、攻撃陣が、連携を含めていかに頑張りを見せられるか。
守備陣を守備に専念させられるくらい頑張って欲しい。
先日の引き分けを価値あるものにする為にも、勝たなければ意味がない。

前後半の立ち上がりからしっかり集中し、失点無しで次節川崎F戦に繋げたい。

参考

元チームメートの動きを試合のダイジェストなどでチェックしている阿部は「昨日の(千葉の)試合もチャンスはあったしただゴールをしているか、していないかの差だと思った。ちょっとでも『相手は調子が良くない』と思っていたらやられる」と厳しい表情を浮かべた。

いまだ波に乗れない高原・エジミウソンの2トップ再生に向けて緊急ミーティングを実施。理想的な攻撃が展開されたシーンを映像で確認する脳内トレを徹底した。「ボールを支配しても決定力が問題。イチかバチかのクロスとかFWにおいしいパスが必要。守備的なチームが多くFWが疲労している」と指摘した。看板2トップ再生には周囲からの救済が不可欠だ。

首位浦和が最下位千葉との「天地対決」に向け急きょ布陣を変更した。好調のFW永井が右サイドで先発。千葉がボランチ闘莉王を警戒して中央を固めてくると予想しサイドから崩してチャンスをつくる。今季1度も練習していないぶっつけ本番の新布陣。相手が未勝利のチームでも油断はない。トップ下で先発のMF梅崎は「相手はなりふり構わずやってくる。そういう相手ほどこわい」とむしろ警戒している

【2008年Jリーグ】警告状況 (第10節)

2008年 Jリーグ 第10節終了時の警告状況*1

No.選手警告12345678
3細貝3/304/26
6山田4/54/26
7高原4/5
9永井4/20
12å ¤3/304/13
13鈴木4/13
17エジミウソン3/154/5
20堀之内3/15
21梅崎3/30
22阿部4/24/20

参考

*1:第8節より変化無し

【2008年Jリーグ】順位表(第10節)

2008年 Jリーグ 第10節終了時の順位表

順位比較チーム勝点勝分負得失得失
1浦和2062210188
2F東京2062251813
3名古屋1961351611
4鹿島1853291910
5川崎F1752311615
6横浜FM1651451510
7G大阪1644211312
8大宮1543321412
9神戸1435231613
10磐田1442421513
11大分1442411110
12京都14424-41014
13柏1341501212
14清水12334-2911
15東京V11325-51116
16新潟9235-8715
17札幌7217-10818
18千葉2028-14822
--MAX20658101922
--MIN2012-1478

参考

[結果]△2008年Jリーグ第10節 vs 神戸(ホムーズスタジアム)

神戸 1 - 1 浦和

得点

70分 【浦和】 阿部
79分 【神戸】 吉田

選手交代

49分 【浦和】 平川 → 相馬
52分 【神戸】 馬場 → 松岡
65分 【浦和】 山田 → 梅崎
72分 【神戸】 田中 → 吉田
77分 【神戸】 古賀 → 松橋
87分 【浦和】 高原 → 内舘

警告

10分 【神戸】 鈴木 
48分 【神戸】 ボッティ 
89分 【神戸】 小林 
*警告状況

コメント

浦和レッズ系ブログでは、あまり良い評価では無いけれど、そこまで悲観する事はない試合だと思った。
もちろん良いところも悪いところもありますが。

浦和はここ数試合からの反省からか、立ち上がりから積極的に行く。
復帰した永井をトップ下に、山田を右・平川を左。闘莉王はすっかり定位置のボランチ。

6分には、永井のFKを闘莉王が頭で折り返したボールに高原が反応、オーバーヘッドでシュートを放つ。惜しくも枠の上だったが、戻りながらの難しい体制でシュートまで持っていく所にはキレを感じた。

堅守速攻を主体とする神戸は、対角線にロングボール入れてくるが、阿部が右に左に良く対応し、相手の速攻をことごとく封じる。
しかし浦和レッズは高原にミスが多く、足元でボールが落ち着かない。簡単に奪われ、攻撃の形がなかなか作れない。
それでも、攻守の切り替え、コンパクトな陣形でセカンドボールを拾うなど、少しずつでも着実に組織だってきている事を感じた。

大久保のループシュートをバーに助けられるシーンもあったが、堀之内の空対地砲バリのヘッドなど、神戸にリズムを作らせず、浦和が主導権を握りながら後半へ。

後半開始直後、中央に切り込んでシュートを放った平川が腰から落ちて負傷。
一度はピッチに戻ったものの、相馬に交代。

前半同様、浦和は立ち上がりから集中して積極的に攻めていた。
堤や堀之内の駆け上がりもあり、守備陣は着実に連携を深め、頑張りを見せてくれた。

後半20分に山田を梅崎に変え、永井を右に持っていくと、その5分後、闘莉王の折り返しを阿部がボレーで決めて先制。
よく思い切りよく振り切ったなと思う。
珍しく笑顔でガッツボーズを見せてくれた阿部が印象的だった。

ただ、その9分後が良くない。
永井が上がった右サイドの穴を突かれ失点。

内舘をボランチに入れて、闘莉王を前線に張らせてパワープレーに出るもゴールにはならず。
浦和が救われた様に、神戸もバーに救われた。

守備陣が奮闘しているだけに、攻撃陣の頑張りが今ひとつなのは否めない。
ただ、細貝をはじめ平川など、徐々に修正を試みていて、それが波及しているのは伝わってくる。
過密日程の連戦で疲れも見え始めるが、負けない事が大事。
Jリーグの上位は団子状態なだけに、ACLが始まる後半までに勝ち点を積んでおきたいところだが、良いところ・悪いところが分かりやすい形でハッキリ表れた試合だっただけに、修正もしやすいと思う。

最後の頼みが闘莉王だった事を除いては。

参考

[試合前]2008年Jリーグ第10節 vs 神戸(ホームズスタジアム)

神戸 vs 浦和

試合前

前回の対戦は、エンゲルス監督の初采配となった3月20日のナビスコカップ第1節。
鈴木啓太・阿部・高原が代表で不在、闘莉王をケガで欠き、ホームで0-1で敗退した。
前半開始直後の失点にも特筆すべきプレーなく前半を終えたが、後半は、細貝・永井が闘志をむき出しにした。
それでも決定打には結びつかず試合終了。
深々と頭を下げる選手が去った後、フロント・GMに抗議した。
あの試合だ。

あの試合の屈辱をはらせ。
連勝に躍る場合ではない。

鈴木啓太・田中達也はやはりベンチ外となるだろう。
太もも肉離れの坪井、永井もベンチ入りは難しいか。
三都主は練習に合流を果たしたものの、出場まではまだ遠いだろう。
気になるのが阿部のコンディション。
前節では、肩の痛みと足を巻き込まれて転倒した影響で、前半終了の笛と同時に倒れ込む程だった。
ベンチにDFの選手がいなかったせいか?阿部は後半も強行出場をしている。
過密5連戦の3戦目。
各選手の無理は避けたいところだ。

対する神戸は、G大阪・鹿島・浦和と強豪3連戦を1勝1分けで乗り切ってきている。
大久保の好調もあり、キッチリと押さえておきたい。

中盤の底に金南一・ボッティが居座る守備を崩すのは簡単ではない。。。
また、浦和に足りていない、規律正しく意思統一された組織力、前線からのプレスにどう対峙するか。
リスクを怖がらず、前を追い越していくプレーを見たい。

このところ、守備の乱れが気になるが、神戸のカウンターはしっかり押さえたい。

何にせよ、ナビスコカップと言えどもしっかりと借りを返そう。

参考

「食事は気を使っている。ホテル生活していた時はどうしても食事をコントロールできない。今は毒抜きをしている。連係はもっともっと良くしていかないといけない」と自ら課題を挙げた。毒抜き完了時こそ高原は本領発揮する。

「揚げ物とかは全く食べていないっすね。ホテル暮らしでコントロールできなかった分、"毒抜き"をしている感じです」。外食中心の食生活は、不調の要因の一つとなっていた。現在は練習開始時間に関係なく同じ時間に起床するなど規則正しい生活を送れているという。

6月で契約の切れる鈴木にはプリマスからオファーが届いているが、昨オフから浦和も代理人を通じて契約延長を提示。年俸8000万円(推定)で年度ごとに額がアップする3年契約で交渉を進めている。中村強化本部長は「お互いに譲歩しながら良い方向に進んでいる」と説明。リーグ中断となる今月17日のG大阪戦までに合意に達する方向だ。

ページ移動



ユーティリティ