ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「ACL」の検索結果は以下のとおりです。

ACL展望 Part.II - 各国クラブの動向

前投稿に引き続き、ACLモードに切り替えていかないと!という事で、遅ればせながらACLの展望をまとめてみました。

今回は、各国クラブの動向です。

アルカディシア(クウェート)

ACL初戦で浦和と対戦するアルカディシア。

  • 累積警告で主力4人(ムラデン・ヨバンチッチ/イブラヒマ・ケイタ等)を欠く。
  • クウェート代表のMFアデル・ハムド・アル・シャマリを獲得。
  • 8/1からエジプトキャンプを実施。
  • 8/16から8/25までペルシャ湾岸諸国強豪が集うガルフカップに参戦。
  • 上記ガルフカップを3勝1分けで予選を無敗トップ通過、失点は僅か1点。
  • ACL予選時のポルトガル人監督を解任、元クウェート代表監督のモハメド・イブラヒムを後任に。

初戦こそ主力4人が不在となるが、チーム自体は好調の様子。
不在の主力4人にとっては、連戦の疲れを癒す良い期間になってしまうかも。。。

サイパFC(イラン)

  • 元福岡のピエール・リトバルスキーを新監督に。
  • 2008/09シーズン開幕戦(vsペルセポリス)がリトバルスキー監督の初戦=黒星。
  • イラン王者(ペルセポリス)からDFホセイン・ガエビと司令塔アッバス・アガイェーを獲得。

あまりニュースを拾う事はできなかったが、大型補強を敢行、戦力UPは確実。
あとはリトバルスキー新監督の元、どれだけチームにフィットするか。

クルフチ(ウズベキスタン)

  • チリ代表ストライカー、ホセ・ルイス・ビジャヌエヴァを獲得。
  • バルセロナのカメルーン代表FW、サミュエル・エトオの獲得は失敗。
  • ブラジルの元スターのリバウドを獲得、デビュー戦で2得点。
  • ブラジル人DFのルイゾン(2007年U-20W杯メンバー)を獲得。

一番派手な動向を見せてくれた。
同じく大型補強を敢行したサイパFCとの初戦は見応えがありそう。

アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)

ACL初戦で鹿島と対戦するアデレード・ユナイテッド

  • 移籍市場でかなりの戦力ダウン、7人の主力を放出。
  • イングランドのボルトンから19歳のDFスコット・ジャミエソンを獲得
  • 負傷離脱中のDFカッシオ(2007/08-MVP)が鹿島戦で復帰の可能性を示唆。
  • アトレティコ・ユベントスから移籍した新人のアレマオはACL出場枠から外れる。
  • 12日にメルボルンに敗れ、チーム状態は良くない。
  • 監督談:土曜日にシドニーに移動し、日曜日に日本に行く。あまり時間がないので、我々は本当にすばやい立ち直りを必要としている。鹿島戦は厳しい。

かなりの戦力DOWNに加え、過密日程・移動に苦しんでいる様子。
チーム構築が難航、チームは下向き。監督の苦労が伺える。

アル・カラマ(シリア)

ACL初戦でG大阪と対戦するアル・カラマ

  • 8/4、主力多数との契約更新をフロントが拒否した事を理由に監督が辞任。
  • 司令塔のアル・フセインら主力を放出。

司令塔の放出が痛手の様子。G大阪のバレー放出とかぶる印象。
戦力DOWNは否めないが国内二冠に王手。

ガンバ大阪(日本)

  • バレーの放出は痛かった。
  • Jリーグでは6試合勝ち無し(2分4敗)
  • 西野監督は"現状は正直なところ決していい状態ではない"と消極的な発言もACLで不振を振り払う事を期待。

鹿島アントラーズ(日本)

  • マルキーニョスの復帰、中田の獲得とチーム戦力は上向き。
  • Jリーグでは2位(J最多得点44)で首位争い。
  • オリベイラ監督は、"日本の3クラブの中で最も手強いチームを任されるハメになった"と相変わらず発言も決勝進出をイメージ。

まとめ

戦力UP-戦力DOWN
サイパ
クルフチ
アル・カディシアアデレードU
アル・カラマ

文面から動向を探ったところだと上記のようになる。
・鹿島 vs アデレード・ユナイテッド は鹿島優勢
・G大阪 vs アル・カラマ は均衡
・クルフチ vs サイパFC は均衡・注目
・浦和 vs アルカディシャ は・・・Part III で。

参考

ACL展望 Part.I - トーナメントと日程

えー、遂にACLの開始まで数日と迫ってきました。
浦和レッズは、今年も『ALL COME TOGETHER 2008』の実施を宣言し、2008年シーズンも佳境に入ってきました。

もういい加減、ACLモードに切り替えていかないと!という事で、遅ればせながらACLの展望をまとめてみました。

トーナメントと日程

まずは、トーナメント表の確認から。
ファイル 316-1.png

このトーナメントを乗り切り、ACL連覇を成し遂げる為の日程はこうだ。

No.大会/節日付/時刻対戦相手(会場)中日数
1J24節9/13 14:00-大分 (埼スタ)-
2ACL 決L19/18 4:00-アルカディシャ (クウェート)4日
3J25節9/21 18:00-大宮 (NACK5)2日
4ACL 決L19/24 19:30-アルカディシャ (埼スタ)2日
5J27節9/28 19:00-名古屋 (瑞穂陸)3日
6J26節10/1 19:00-京都 (駒場)2日
7J28節10/5 14:00-千葉 (フクアリ)3日
8ACL 準決110/8 未定未定 (AWAY)2日
-キリン C杯10/9 19:20-UAE (東北電ス)0日
-W杯 最終予10/15 19:30-ウズベキスタン (埼スタ)5日
9J29節10/18 15:00-神戸 (埼スタ)2日
10ACL 準決210/22 未定未定 (HOME)3日
11J30節10/26 14:00-新潟 (東北電ス)3日
12天皇杯11/3 13:00-未定 (駒場)7日
13ACL 決勝111/5 未定未定 (HOME)1日
14J31節11/8 14:00-札幌 (札幌ド)2日
15ACL 決勝211/12 未定未定 (AWAY)3日

9/13の大分戦から10/5の千葉戦までは過密7連戦、1ヶ月で7試合を行う。
ACLの準決勝に駒を進めればその後も過密日程が続く。
代表戦を除いても、試合の中日は平均3.06日。
4日に1度のペースが3ヶ月も続く。
田中達也・闘莉王・阿部など、日本代表でも要となる選手は更に過密度が増す。
それぞれケガを抱えているだけに、まずは移動距離と日程が敵となる。

未だに2トップを固定せず、ハーフタイムで好調の高原・田中達也を下げて不調エジミウソンを使い続けるなどの温情采配は、きっとこうした過密日程を乗り越える為。
いざという時に試合勘が無い、疲労困ぱい、それによるケガなど、オジェック采配時の反省を踏まえたものだろう。
そう信じたい。

ACLはもう始まった
我々もうまく切り替えてACLに臨もう!

2009AFCチャンピオンズリーグ大会新形式

  • 出場チーム数は29チームから32チームへ増加。
  • 日本の出場枠は2チームから4チームへ増枠。
  • 前年優勝クラブのシード権は廃止。
  • 決勝戦は中立地で開催し、一発勝負へ。

参考

いよいよACL!

浦和は14日午後、クウェートへ向けて出発、15日午前に到着の様です。
どんな洗礼が待っているんでしょうか。。。

すいません、私達はBS観戦組です。
でも必至で応援します!

現地はラマダンで、日中は飴もガムも人前ではダメみたいですね・・・。
選手の食事はどこでどうするんでしょうか。
開始時間(現地22:00)も時間だけに、食事のタイミングも検討が必要なんでしょう。

現地に行かれる有志の方々はくれぐれもご注意下さい。
そして我々の分まで応援して、元気に帰ってきてください m(_ _;)m

ちなみに、岡野は気合い入れて坊主でACLに向かったようです。
写真はこちら

参考

達也、大分戦もACL初戦も欠場・・・

欠場濃厚とか欠場危機と囁かれていた田中達也の、大分戦とACL初戦の欠場が決まった模様。

浦和の日本代表FW田中達也が右太ももの筋膜炎で13日の大分戦と17日のACL・アルカディシア戦を欠場することが11日、分かった。(サンスポ)

足が痙攣しながらもフル出場したW杯最終予選(vsバーレーン)で痛めた太ももの調子は良くないらしい。

闘莉王が合宿で負傷したときも"気合いが入りすぎた奴がいる"って言ってみたりした岡田監督。
今度は超過密日程中に高原を呼ぶとか言っているし。

選手は日本代表の使い捨ての駒じゃないんですよ?
クラッシャー岡田さん、もう勘弁してくださいよ。。。

まともなトレーナー・メディカルスタッフはいないのか?
いてこれなのか?

これじゃぁ、もう代表には行って欲しくないって思っちゃうよ?

参考

浦和の"5番"に高橋峻希!(追)

アダイウトンや本田など、浦和の"5番"を巡って様々な獲得話が浮上しては消えました。
が、ACLの30人枠では、高橋峻希を浦和の5番に据え、三都主の穴、8番には原口元気を入れました。

AFCチャンピオンズリーグ・ノックアウトステージの登録メンバー30名を、下記の通りAFCに申請致しました。
大会規定により、背番号1~30の30人と定められている為、国内公式戦と一部背番号が異なります。(浦和レッドダイヤモンズ公式)

つーか、これでいいんじゃないの?
なんて思ったり。

今更ですが、一時移籍話が持ち上がったエジミウソンは浦和残留が決まったという事ですよね。
9月に入りましたし。

<追記>
一応、念の為。
高橋峻希は新規加入選手ではありません。

参考

ページ移動



ユーティリティ