ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「NEWS」の検索結果は以下のとおりです。

ALL COME TOGETHER!アイテムダウンロード開始

浦和レッズがALL COME TOGETHER!のアイテムダウンロードの提供を開始しました。

公開しているのは以下の3つ。
ただし、約束事は守って使用しましょう!

PC用壁紙2種

 ファイル 355-1.jpg ファイル 355-2.jpg

バナー(中)2種

 
 

バナー(小)2種

 
 

約束事は、

  • 使用可能なのは期間中のみ。期間終了後は速やかに使用をやめましょう。
  • 使用は個人での利用に限られると言う事。
  • バナーのリンク先はhttp://www.urawa-reds.co.jp/(オフィシャルトップ)に設定する事。

ルールを守って気持ちよく!

参考

岡チャンに激しい不快感。

日本代表メンバーが発表されましたね。。。
我らが浦和レッズからは、闘莉王と阿部が選出されました。

高原と田中達也は今回含まれていないものの、『ケガが治る可能性』のある選手と、『見極めきれていない』選手の追加招集を示唆していて、この二人も対象に入っている事でしょう。

浦和組はUAEとの親善試合は免除されるものの、ACLを含めた連戦の疲労は先日の名古屋戦を見ても明らか。
例え、今が大丈夫との判断でも日本代表戦後の事は一切関知せずの姿勢に激しい不快感を覚えます。

まぁ、確かに、日本を代表する選手に選ばれる事は名誉な事だし、二足のわらじとなるのは他のチームの選手も同じ。

だけどねぇ、負傷に限りなく近い選手を主力と考えてもらっては困る。
代表でフル出場してチームでリハビリ?ちと違うよね。

高原も首の後ろに痛みを訴えていて先日も途中交代。
田中達也は必至にリハビリ中。
闘莉王だって、このまま日本代表に選ばれれば『死んじゃう』とまで言っている。
阿部だって万年負傷中でそれを押して出場している。

日本代表を否定するつもりもないし、代表に行くなとも思わない。
けど、クラブ・代表ともにお互いに気を遣うべき。
岡田監督はその配慮が足りない。

だから、サポーターに『クラッシャー』とか言われ、『日本代表は邪魔』とか言われちゃうんだよ。

『代表辞退』を暗に願っているサポーターも多いんじゃないかな。

参考

田中達の追加招集を暗に示した代表・岡田監督への"けん制"の意味合いもある。「追加招集?何も聞いていない。ボクはまずケガを治してほしい」。指揮官は淡々と話したが、代表への"不信感"はぬぐい去れないのかもしれない。

岡田監督は週明けにも2人程度を追加招集する意向。「けががウズベク戦までに治る可能性がある選手、見極めきれていない選手が少しいる」としておりFW田中達(浦和)、FW高原(浦和)、MF渡辺(京都)らが候補になる。

岡田監督が13日の浦和-大分戦(埼玉)を視察し、浦和に"謝罪"する。バーレーン戦で右太ももを痛めたFW田中達について「試合翌日も『大丈夫です』と言っていた。重傷ではないと思っているが」と心配そう。帰国直後には浦和のエンゲルス監督に電話も入れた。「浦和には申し訳ないが彼は外せなかった。攻守にわたって貢献してくれた」と説明した。

ACL第2戦・・・中東の笛に気をつけろ!

気がつけばACL第2戦の審判団の割り振りが告知されておりました。

浦和 vs アルカディシア戦の主審はオーストラリアのベンジャミン・ウィリアムス氏。
中東の笛は避けられた模様とホッと一安心しております。
まぁ、発表から4日もありますからオイルマネーで汚されないと良いのですが。。。

是非、フェアー&クリアなレフェリングをお願い致します。

鹿島はクウェートのアルファドリ主審::相手はオーストラリアだし偏った判定は無いでしょう。まぁ、不可解な誤審はあるかもですが・・・
G大阪は中国の審判::反日感情が影響しないと良いですが・・・。

参考

ACLのチケットが余ってる・・・

ACLのチケットが余ってる・・・。

19日付けのクラブ公式残券情報によると、15,074枚も残っている。

席種SRSAMUSBSCAA(Vis)車椅子
残枚数93701127469160842302410

まぁ、平日開催で45,000人が集まれば上出来と言えるかもしれないが、もう少し集まっても良いかと思。。。
気になるのは、ビジターチケットの売れ行きが好調な事。
同日付けで241枚しか残っていない。。。
19日にもサポーター約100人が特別機でやって来ていると言うから、なんとなくうなずける。
ただ、中東独特の雰囲気を埼スタに持ってきてもらっては困る。


池袋発の埼スタ直行バスの運行も決まった
し、チケットもまだ手に入る。
今のところ、当日の埼スタの天気も良好だと予測されるし、ここは全力でサポートしようじゃないか。

大宮戦でも後半は動きが鈍くなった。
長距離移動を終えて、過密3戦目となるアルカディシア戦。
相手は出場停止だった主力4選手が戻ってくるなど、浦和にとっては状況は良くはない。
絶対に苦しい局面、サポートが必要な局面が来る。
昨年のACL王者が今年のACLを2試合で終えるわけにはいかない。

我らがホームに集結し、真っ赤に染めた埼スタで4強進出をサポートしようじゃないか!

集え!赤達!
ファイル 335-1.jpg

参考

馬鹿島って言われてもしょうがない・・・

鹿島がまたやりましたね。。。

柏のコーナーキックの時に旗が選手の頭に当たる事件。
ピッチに大きくハミ出した旗を納めるように、警備員がずっと注意していた。
にも関わらずだ。故意と言われてもしょうがない。

まぁ、ここまではなんとか言い訳できるとして、この一件の後に暴れているのがよく分からない。
反省の色も見られず、暴動の色を濃くしては、やっぱりワザとかって思われてもしょうがないよ。

しかもその数分後。
逆のコーナーになった時、やっぱり鹿島サポの旗が。
あれは明らかに叩きに行った、と私の目には映った。
わざわざ逆サイドから急いでやって来た。
超不自然な旗の動きに加え、注意に入った関係者の抑止を振り切っての"犯行"だ。
更に、フェンスによじ登り、フェンスを蹴るなどして選手を挑発する始末。

これを事件と言わずなんという。
まさか、事故とは言わんよな。。。
言いかねないか?

こんなサポーターじゃ選手が可哀想だよ。。。
と、思いきや、鹿島の選手はただそれを静観するのみ。
サポもサポなら選手も選手だな。

結局これも、『オフィシャルなサポーターはありませんから』的に放置されるんでしょう。
『むしろ、運用責任のある柏の責任じゃないか』くらい言っちゃうんだろうな。
最悪。。。

W杯最終予選に加えてACLの浦和vsアルカディシャ戦みたいにレーザー攻撃をお見舞いしたり、第3の敵が行動を起こしてニュースになるのはクラブにとっても選手にとっても不幸極まりない。

浦和とて、ペットボトル投げ込み事件やニュースにならないまでもモラルに欠けた事件は山ほどある。
我々も本当にやめようね。絶対。
ACLアルカドシャ戦でレーザー攻撃で報復なんてホントやめようね。

なんとも皮肉ながら、『20日(土)~28日(日)は「FIFA Fair Play Day!」 力いっぱいのフェアな応援をお願いいたします!』だって。。。

参考

ページ移動



ユーティリティ