ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「試合前」の検索結果は以下のとおりです。

[試合前]2010年Jリーグ第10節 vs 名古屋(埼スタ)

浦和 vs 名古屋

名古屋戦の意義

名古屋にしてみれば、今日の試合はマギヌン・金崎・闘莉王が不在の中で
どう結果を残すかが試される試合という事になるだろう。

対する浦和は、ワシントン依存症から脱し、闘莉王依存症から脱し、
誰か一人、または数人がコントロールする形から組織へ変貌を遂げようと
している。

相手にする名古屋は、強力な個を揃えた、いわば"過去の浦和"と良く
似ている。極端かもしれないが、今日の試合は、勝てば過去の浦和と
決別できる、大きな自信に繋がる一戦になると思っている。

強力な個を揃えたチームに、変貌を遂げようとしている浦和が
通用するのか。間違っていないと信じている今の方向性を結果を
伴う確信へコマを進められるのか。

今日の一戦はそんな意義があるのではないかと思う。

役者

闘莉王は累積警告で出場停止。前節の警告時には執拗に抗議し、
悔しい表情を浮かべていただけに楽しみにしていた感が伺える。
インタビューでは『テレビで見ていてどういう気持ちになるかわからない。』と
浦和の要注意人物を8人も列挙。

三都主はボランチ出場が濃厚と報じられ、試合前のブーイングを
試合後には拍手に変えるプレーを目指す事が恩返しと言っているらしい。

マギヌン・金崎が不在だが、玉田が調子を上げている。
田中達也vs玉田の代表へのアピール合戦の様も。

浦和のサッカーを貫け

清水戦でやられたサイドからの攻撃は対策を講じているだろう。
それでもやられると思う。正直。
相手はサイドからの高さを武器にするチーム。

ただし、山さんも坪井もクレバーな選手。
平川も宇賀神も細貝も阿部もポンテも柏木も原口もそこは充分理解
しているだろうし、自分の役割と"組織"で対峙するはず。

結果として高い位置で奪えれば浦和のペースになるはずだ。
見所はミドルシュートか。
柏木・原口・阿部・細貝・達也の積極的なミドルとセカンドボールが
浦和の勝利を近づけるはずだ。
個人的には山さんのロングシュートが見たいけど。

磐田戦・清水戦とセカンドボールが拾えなかっただけに、コンパクトに
攻守の切替の意識を高くもち、セカンドボールから攻撃に厚みを持たせたい。

いつもと同じだが、
最後の笛が鳴るまで、勝利だけを目指して自分達のサッカーを貫いて欲しい。
その姿勢と意気込みが全て。それだけで魅せられる。

結果はその次。
勝手についてくると信じてる。

進化を見せろ!
声を枯らせ!

WE ARE REDS!

ニュース

ミニゲームでスピラノビッチから試合さながらのタックルを受けたポンテが、ポルトガル語で罵声を浴びすともみ合いになった。(中略)ポンテは「それだけ真剣なんだ」と、連敗ストップへの意気込みを口にした。

浦和守備陣が連敗ストップへ高さを克服する。(中略)非公開練習ではセットプレーを確認したもよう。(中略)DF堀之内聖は「位置取りを気を付けてやれば高さでも負けない」と話した。DF坪井慶介も「しっかり体を寄せて、相手にいい体勢をつくらせない」と対策は万全だ。

累積警告で出場停止となった闘莉王は、自らプレーする代わりに浦和攻略法を熱弁(中略)
「辛抱強くやればチャンスは来る。多少回されてもしっかり構えてチャンスを待つこと」と話せば、(中略)高さに欠けるDFラインを弱点として指摘(中略)「たっちゃんは調子がいい。ヒラ、ヤマ、ツボがいる。阿部ちゃんもいる。そして、タカ。実績があるし、点を取りそうな雰囲気がある。岡田さんも(日本代表に)選ばないかな」

ハーフコートゲームで主力組のボランチに入ったのは、左太腿痛のため1日の清水戦を欠場したMF細貝。フィンケ監督は「細貝が戻ってきた。エスクデロはメンバーに入れる状態になった。台所事情は改善してきた」と話し、右太腿痛で3月末から離脱していたFWエスクデロのベンチ入りを示唆

参考

[試合前]2008年Jリーグ第30節 vs 新潟(東北電ス)

新潟 vs 浦和

試合前

前回の対戦は、オジェック監督解任後まもなくの第3節。MF闘莉王のデビュー戦だった。
相手のミスからとも言える2得点に永井のダメ押し弾と快勝し、低迷していた浦和レッズを浮上させるきっかけとなった。

13位に低迷し、27得点40失点と格下の相手ではあるが、この時期は手を抜けない。
マルシオ・リシャルデスを累積警告で欠いてはいるものの、浦和レッズにとって悪いデータもあったりしちゃう。

J2を含め、新潟と対戦した15試合のうち、敗戦した4試合は全てアウェー。
DF松尾とMF松下が故障で離脱し、マルシオ・リシャルデスを含めた主力3人に代わって未知数の控え選手が出場する。
その控えのDF大野とMF木暮がU-19に引っ張り出されている。

データとVTRを駆使して綿密に相手を分析するエンゲルス監督にとっては怖い布陣であり、場合によっては後手を踏む可能性がある。
負傷ながら、主力を欠き、チャンスを与えられた控え組の奮起は脅威になってしまう事もある。
恐らく?両サイドに入るであろう?河原と田中は、昨年のU-20W杯出場コンビ。
数少ない与えられたチャンスに奮起する事は間違いない。ケアを間違うと命取りになりかねない。

しかし、主力3選手がいないという事実には変わりはない。
相手の弱点であるセットプレー、負傷で松尾・松下が抜ける、浦和にとっての右サイドを起点として何点獲れるか。
古巣対戦となる、エジミウソンの奮起にも期待がかかる。

ACLでは運動量の低下でポッカリ穴があいた中盤を、戻ってくる細貝がどれだけカバーできるのか。
鈴木啓太は警告で出場停止、しかし山田は左サイドでの起用が濃厚、GKは都築か山岸かなど、システム・布陣にも注目が集まるが、前述の通り、相手は未知数。
戦術なんかより、90分間でどれだけ必死にプレーできるかが一番の関心事。

公式戦6戦未勝利、エンゲルス監督の解任騒動、これだけでも奮起の材料は充分だ。
今こそ底力を見せつけろ。

大分も名古屋もコケてるぞ。
さぁ、チャンスだ。

目の前の1勝、勝点3に浦和のプライドの全てを注げ!

参考

記事

今季無冠の危機に直面している浦和が25日、クラブと監督への不満を口にしたFW永井雄一郎に対して、厳重注意と26日の新潟戦のメンバーから外す懲罰処分を科した。

現在公式戦6戦連続白星なし。新潟に負ければ、来季のACL出場も危ぶまれる中、闘将は「もう勝つしかない。考えてもしょうがない。新潟もおれらに対してつぶしにかかってくる。それをはね返すくらいの気持ちじゃないと」と、熱っぽく話した。

J1浦和は25日夜、新潟市内のホテルで緊急トップ会談を行った。約1時間半に及んだ会談に参加した藤口光紀社長は、来季続投に意欲を見せているゲルト・エンゲルス監督が最低限の"ノルマ"といえる来季のACL出場権(今季J3位以内または天皇杯優勝)を獲得した場合でも今季限りで解任する可能性を示唆した。

揮官は再び、負傷明けで先発から外れた相馬に代わる左サイドに山田主将を再起用する奇策に出る。18日の神戸戦ではプロ生活14年間で初めて左サイドで先発したが、不発で途中交代。22日のG大阪戦ではボランチで活躍しただけに、山田の再シフトは謎だ。

[試合前]2008年ACL 準決勝 第2戦 vs G大阪(埼スタ)

浦和 vs G大阪

試合前

ファイル 377-1.png 第1戦を1-1で終えて、アウェーゴール1のアドバンテージ。
まぁ、アドバンテージと言えばアドバンテージなんだけど、これがアドバンテージとなるかどうかは終わってみないと分からない。そんな程度のアドバンテージ。
有効なのは0-0で終わった場合のみ。
第1戦を引き分けている以上、やっぱり勝たないといけないのです。

西野監督は、浦和の脅威は闘莉王と明言している。
また、浦和レッズのストロングポイントは同時にリスクも抱えており、狙いは明確とも言っている。
要するに、『闘莉王、あなたが出てくれば我々はその穴を狙うよ。だから出てきちゃダメよ。』と言っているように聞こえる。
対する闘莉王はと言えば、4点とられたら5点とるとキッパリ。
お互いジャンケンの前に『グーを出す!』とか『キミがグーを出したらパーを出す!』みたいな言い合い。
まさに情報戦と言っても良い。

お互い、まずは守備からを大前提に、積極的に攻める事を明言している。
どちらも欲しているのは得点。
どっちつかずのまま前半終了を迎える間際にしびれを切らして攻め上がる闘莉王の穴、セットプレー直後の闘莉王・阿部・堀之内不在のDFライン。
西野監督が狙うポイントはこの2つと読んだ。

G大阪は前節の磐田戦で浦和戦のイメージを試しており、終了間際の得点で逆転勝ちを収めた。
また、神戸が浦和のセットプレー直後の攻め方を披露してくれちゃった事もある。

ただ、0-0のまま闘莉王が攻め上がらなければ焦るのはG大阪側と言う事になる。
G大阪が前掛かりになったところが浦和の最大のねらい所。
後半20分くらいに田中達也 or 永井を投入して裏を狙うカウンターで勝負をつける。
アウェーゴールのアドバンテージが活かされるのはこのシナリオくらいか。

フィールド全体での読み合い・駆け引きで終盤まで動きが無い、見方によっては面白くない試合になりそうな。
それか、早々のゴールを合図に打ち合いとなるか。。。

前節で脅威とうたわれていた闘莉王が帰ってくる代わりに、都築・相馬・細貝が出場停止。(ACL警告状況)
浦和レッズは、アウェイゴールかどうとか誰の代わりがどうとか・・・そんなことは言ってられない状態。
大事な一戦になりふり構わない戦いがどれだけできるか、これに尽きる。

ライバルとの決戦前夜、選手から発せられた言葉は判で押したように同じだった。
「もう一度、チーム一丸となって戦いたい」(MSN産経)

なんだかんだ言ったって、我々に残されているのは全力で応援するのみ。
スタジアムに行けば声がかれたって応援し続けるんだ。

「去年アジア王者を勝ち取ったのも、みんなで泥臭く汗をかいた結果。
もう一度、そういうところを出さないと。」(MSN産経)

我々ももう一度、あの時を思い出して全力で闘おう!

YES! WE ARE REDS!

参考

記事

20日の練習前にはチームスタッフ全員による緊急ミーティングを実施。「(選手間で)普段なかなか見せないようなコミュニケーションがあった」と山田。坪井は「去年アジア王者を勝ち取ったのも、みんなで泥臭く汗をかいた結果。もう一度そういうところを出さないと」(略)「勝つも負けるも自分たち次第」と山岸。22日は、技術戦術を越えたチームとしての意地が試される。

エンゲルス監督は記者会見で「0―0は難しい。あすは思い切り勝ちに行きたい」と必勝を期した。(略)西野監督は「きょうのミーティングで、選手には攻撃的な意識を持ち続けろと伝えた」と自慢の攻撃サッカーを貫く考えを示した。

「今年のターニングポイント。一番大事な試合になる。0―0では絶対に終わらない。相手より1点でも多く取る。4点取られても、5点取る」 20日の非公開練習後、闘莉王は熱く語った。「逆風の中でどれだけやれるか。プレッシャーを力に変えるしかない」

[試合前]2008年Jリーグ第29節 vs 神戸(埼スタ)

浦和 vs 神戸

試合前

過密日程からも一時的に開放され、短い中断を経てやっとレッズ戦が見られます。
レッズレディースもユースもタイトルを獲得したわけで、あとはトップの活躍を祈るばかりです。
エンゲルス監督の言うとおり、6連勝で優勝!

さて、残り6試合となった今節の相手は神戸。
前回の結果は、ボランチ闘莉王が落とした所を駆け上がった阿部がボレーで決めた試合。
9分後には永井が上がった右サイドを突かれて失点してしまったあの試合。

ナビスコカップを含めれば、1分2敗の負け越している相手だ。
今季の浦和レッズは4バックの相手に苦戦しているが、神戸も4-4-2を基本とし、ナビスコカップを含め随分と苦しめられた。
ここはキッチリと抑えて勝ちたい。勝ちきりたい!

今季の神戸は、私感ながら、バランスを重視しているように思う。
現在9位と中位にはいるものの、中位の他のチームよりも失点が少ない。
かわりに得点も多くないのだが、甘く見るのはかなり危険だ。

対戦成績や相手の出かたよりも、試合の立ち上がりでも中断明けでもエンジンの掛かりが遅いのが気になります。
攻守の切り替えも。。。

ファールやFKなどのリスタート時にどこかで気を抜くと、大久保やレアンドロを軸とした相手FW陣にカウンターを食らいかねない。
『我慢強い相手の守備、積極的な神戸のサイド攻撃に浦和の両サイドが守備ラインに吸収され、攻撃のパターンがロングボール一辺倒になり、ポンテを封じようとする金南一を起点に早い攻守の切り替えで攻撃を仕掛けられる。』
これが浦和にとっての最悪のシナリオだ。

浦和レッズとしては、両サイドをいかに高く保たせられるか。これが鍵となるだろう。
その為には前線からの積極的なプレッシャーと、攻撃時のボランチのフォロー。
サイド・中盤からエジミウソン・高原を最前線に押し上げられる事ができれば、多くの決定機が作れるはずだ。

キーパーソンとなるのは田中達也か。
献身的なチェイシングで流れを変えられるし、裏への飛び出しも、下がり気味の布陣を押し上げるには有効なはずだ。

ただし、ACL準決勝の第2戦を控えるこの試合では、それを想定した布陣を試す事が考えられる。
相馬・細貝・都築が出場停止となる。
試合感が重要という意味で、GKはほぼ確実に山岸となるだろう。
両サイドも、試合後4日でACLのG大阪戦が控える事を考えると、山田・永井・梅崎あたりがサイドに張る事になるだろう。
個人的には高橋峻希を右に、平川を左に置いて、峻希の右から積極的な攻めを見せて欲しい!
野人岡野!もいたぁ!

残り6試合で自力優勝の可能性は潰えた。
そうなるとこれ以上は絶対に勝ち点を落とせない。
勝つしかない。
絶対に勝つしかない。
ケガ・累積警告は理由にならない。
その為に多くの優秀な選手を抱えているのだから。

中断明けの立ち上がりからエンジンをフル回転させるためにも、我々の奮起は必要不可欠だろう。
のっけからいくぞ!

参考

記事

指揮官は「G大阪戦から練習していて何も問題がなかった。スタメンで出るのはコンディション的に問題ない」と説明した。

物の投げ込み防止として、埼玉スタジアムのアウェー席の側面などにネットの設置を決定。22日のACL準決勝第2戦・G大阪戦に向けた取り組みで、18日の神戸戦で試験的に実施する。

[試合前]2008年ACL 準決勝 第1戦 vs G大阪(万博)

G大阪 vs 浦和

試合前

ファイル 365-1.png さてさて、遂にやって来ました、ACL準決勝の舞台。
そして過密8連戦の最終戦。(やっとだよ・・・)
第1戦は恒例のアウェー戦。今回はG大阪のホームである万博。
国内のアウェー戦とあって、移動に関しては精神的に幾分楽だろう。・・・か?

J28節を土曜日に行ったG大阪は、J28節を日曜日に行った浦和レッズより1日多くACLへ向けた調整が可能だっただろう。年間通して見れば有利・不利は無いんだろうが、この大事な1戦の前のこの1日のアドバンテージはできれば浦和レッズに欲しかった・・・。

疲労もピーク、前節の千葉戦に負けてメンタル的ダメージも否めない今の浦和レッズは、どこを切っても良い状態とは言いにくい。
特に、前節の敗戦を受けて、監督采配に対する批判ともとれる発言が多く聞かれるなど、チームの雰囲気にも不安が残る。

そんな状況を知ってか知らずか、G大阪は明日の第1戦で勝負を決めるつもりのようだ。

「爆発的なアドバンテージを取れるチャンスになる」とほくそ笑んだ西野監督。(サンスポ)

それもそうだろう。
ここぞという時には底力を見せつける浦和レッズだが、満身創痍で主力の不調とケガ人を抱え、なおかつ雰囲気が落ちている今は、G大阪にとってはビッグチャンスと言えるはず。
戦意を喪失させるくらい圧倒してしまえば第2戦を有利に運べるというのもうなずける。
準々決勝のアルカディシア戦も、アウェーで必死に食らいついた2点目が、ホームでの2戦目の在り方を大きく変えた。
G大阪は、それさえさせないつもりだろう。

ルーカスと安田が復帰することも相まって、3トップとも言える超攻撃的布陣で浦和レッズを圧倒するつもりだという。
180分とはいわず、ホームでの90分しかないつもりで勝ちに行くと意気込んでいる。

さぁ、その意気込みがどうでるか。
浦和レッズとしてはその意気込みを逆手に取りたいところ。
ボールが落ち着かない激しい展開、打ち合いの様相を呈してくれば、走り負けの不安がつきまとう。

慌てず騒がず、多少の余裕を持って自分達のペースに集中したい。
試合が動かなければ、焦りが出てくるのはG大阪の方である事は間違いない。

短い時間となるだろうが、流れを変えられる田中達也が帯同した事は嬉しいニュース。
両足のケガに苦しんでいる闘莉王は、強行出場とも欠場濃厚とも報道されているが、結局は出るんだろう。
個人的にはいっその事、欠場として欲しい。
どっちつかずが一番良くない。ここはチームメイトに任せて治療と休養に専念して欲しい。
(で、ケガを理由に日本代表も辞退してしまえ。。。)

万博でのこの1戦のチケットは早々に完売した。

「サポーターの後押しが絶対に必要になる。(略)『今日はサポーターに勝たせてもらった』と言えるくらいの、浦和に負けない応援で僕らを後押しして欲しい」(J's Goal)

G大阪の播戸はこう言っているらしいが、果たしてそうはいくだろうか。
G大阪はサポーター向けに2日間の優先販売を行うも売れ行きは良くなかった。
一般販売では即完売となったわけだが。

8日の初戦はホームで開催。それなのにスタジアムの約半分が赤色で埋め尽くされる見通しとなった。クラブ関係者は「6対4から5対5ぐらいで相手サポーターが入ると思います。今までになかったこと」と心配そうに話した。(スポニチ)

圧倒されさえしなければ良い。
押されつつもイーブン、または対等に90分を終えれば浦和に分があると言って良いだろう。
もちろん勝ちに行って欲しいが、イーブンでも良しくらいのゆとりを見せられれば流れは浦和レッズにくる。

最後まで前を向いて選手をサポートしよう!

参考

記事

ホーム&アウエーなんて関係ない。一発で息の根を止めてしまえ!西野監督が強い口調でいい放った。「(2試合で)180分じゃなくて90分で、というか(90分)しかないんだという戦いになる」。ホームでの第1戦。勝てば当然アウエー第2戦は心理的にも有利。さらにコテンパにできれば相手に与えるダメージも大きい。

両クラブは近年、タイトルを争ってきた。06年はJ1最終節で対戦。首位浦和にガ大阪が3点差以上の勝利をすれば逆転優勝という状況で、浦和が勝って初のリーグ年間王者に。このシーズンは天皇杯決勝でも対戦し、浦和が終了直前の得点で2連覇。

8日の初戦はホームで開催。それなのにスタジアムの約半分が赤色で埋め尽くされる見通しとなった。クラブ関係者は「6対4から5対5ぐらいで相手サポーターが入ると思います。今までになかったこと」と心配そうに話した。

ページ移動



ユーティリティ