ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「ナビスコカップ」の検索結果は以下のとおりです。

2010年のナビスコ敗退が決定・・・(修正)

あぁ~ぁ・・・

清水が2-0で磐田に勝った為、浦和の予選敗退が決定しちまったぁ。。。
同時に清水の2位以内が確定したわけで・・・。*1
それを決めたのが永井な訳で・・・。

ヤマザキナビスコ杯 予選突破 シミュレータ(更新版)でグリグリやってもらえば
分かると思いますが、現在、清水が勝点11でトップ。

次節の2位山形と3位磐田(共に勝点10)の直接対決の結果が
どうなっても、浦和の最高勝点10より上回るチームが2つ・・・。

○山形-磐田●:山形(13/--)、清水(11/--)、磐田(10/--)
△山形-磐田△:山形(11/+5)、清水(11/+3)、磐田(11/+2)
●山形-磐田○:磐田(13/--)、清水(11/--)、山形(10/--)
 *()内は勝点/得失点差、"--"は得失点差が順位に関係ない

山形vs磐田の結果がどうなろうと、浦和の勝点10は届かないわけで・・・。

あぁ・・・、あの時せめて引き分けだったら・・・
あぁ・・・、あの時の失点がなかったら・・・
あぁ・・・、あそこでちゃんと決められていたら・・・

なぁ~んて、今更言ってもしょうがない。

こうなったら、ナビスコ予選の最終戦をきっちり勝ってもらって

良いオーストリア合宿に繋げてもらいたい!

リーグであと勝点1届きませんでした・・・ってならないように!

 
それにしても、ここぞという時の永井は凄いな・・・。

なんかもってる。

 
これで他力本願なナビスコ観戦もしなくてすむか。

 

課題を修正してキッチリ魅せてくれ!

参考

 

*1:ご指摘を頂きましたので修正しました。
浦和が横浜FM戦で勝利する事を大前提に考えていましたので見誤りました。
清水の2位以内は確定していません。
横浜FMは浦和戦に勝利すれば勝点11で清水に並び、
得失点差を1以上上積みして清水より上位に行くことになります。
お詫びして訂正いたします。

更新!ナビスコカップ予選突破シミュレータ

ナビスコカップ予選突破シミュレータを更新しました。

6月5日に行われた2戦の結果を反映しています。

現状

山形が勝っちゃった・・・
しかも3点差・・・

これで勝点10、得失点差+5に。
対して浦和は次節勝っても勝点10、得失点差+1以上(点差分)

という事は、最終節で【山形が負け】+【浦和が勝ち】でも
山形・磐田戦の点差と浦和・横浜FM戦の点差が5点以上無いと
予選突破が無くなってしまう。。。

磐田 3 - 0 山形 (勝点10、得失点差:5-3=+2)
横浜 0 - 3 浦和 (勝点10、得失点差:0+3=+3)

予選突破条件

  • 第6節

 ・清水vs磐田:磐田が引き分け以上(清水の勝点が1以下⇒清水敗退)

  • 最終節

 ・浦和vs横浜:浦和が勝ち (横浜FMの負け⇒横浜FM敗退)
 ・磐田vs山形:磐田が勝ち (山形と浦和の勝点が10で並ぶ)
 ・浦和のリード(点差)と磐田のリード(点差)が合わせて6点以上

 
あぁ~・・・
今日の山形の勝利でまた一つ遠くなった・・・

あぁ~・・・
なんて寂しい事をやってるんだろぉ・・・

とにかく、スッキリ勝ってくれ!!!

参考

ナビスコ予選突破の可能性はどれくらい?

ナビスコ杯の予選突破の可能性はまだあるっていうけど

実際どのくらいの可能性があるのか考えてみた。

現状とシミュレーションはここでグリグリできるので試して見て欲しい。
⇒ナビスコカップ予選突破シミュレータ

現在の状況

浦和は現在勝点7で5位。
当然ながら、上には4チームいて、浦和より勝点が上である訳で。

更に、浦和に残された試合は1試合。
残りの1試合しかない清水を除いて、他は2試合ある。

予選リーグ突破の条件は、浦和と清水が残り1試合、他が残り2試合を
消化した時点で、浦和が2位以内に入っていれば良い。が・・・。

上位チームの直接対決が多く残っているので、可能性はあるが
その条件は少々ややこしい。
 

予選突破の条件

浦和は残りの横浜FM戦を勝たないと現状の5位以下が確定するので
浦和が横浜FM戦で勝利する事が必須の条件なのは明確だ。

浦和が横浜FM戦で勝利する事は、
・横浜FM(3位)が浦和戦で負け、勝点7に神戸戦の結果を足して最終勝点
・浦和の最終勝点が現在の7に3を加えて10に。

浦和の最終勝点より他チームの勝点を低くするには
・6節の清水-磐田で清水が敗戦=清水の最終勝点が8=予選敗退決定
・磐田が残り2試合を一人勝ち=磐田の最終勝点16
 =横浜・山形の最高最終勝点が10に。
 =横浜・山形が引き分け以下で予選敗退決定

結論

1.浦和が横浜FM戦で勝利(2点差以上ならなお良し)
2.磐田には一人勝ちしてもらって、後続の2位清水、4位山形の勝ち点を
  阻止してもらう事が必須(=清水敗退)
3.横浜FMの神戸戦、山形の湘南戦がいずれも引き分け以下

仮に清水が磐田に勝とうものなら、その時点で清水が勝ち点11になり、
浦和が追いつけない所に行ってしまう・・・

結局・・・

直近の条件は、清水の敗戦(磐田の勝利)、横浜FM&山形の引き分け以下が絶対条件だ。

自力突破が無くなった今、他チームの敗戦を願わなければいけないのが寂しい・・・

参考

[速報]ナビスコ予選1位通過は不可能

ナビスコカップ予選第4節が終了し、浦和レッズの1位通過ができないことが確定した。
試合結果は以下の通り。

京 都●0-1○神 戸
名古屋○4-2●浦 和

この結果、浦和レッズの勝ち点は2のままで、残り2試合を連勝しても、首位を走る名古屋の勝ち点9を超えることはできず、1位通過は不可能となった。
浦和レッズが2位の枠に入って予選を通過するには、京都が残り2試合(名古屋・神戸)をどちらも引き分け、浦和レッズが連勝する事。
その場合、浦和レッズの勝ち点が8となり、京都・神戸の勝ち点7を上回ることができ、他の組の結果を待つことになる。
ただし、他の組の2位は2試合残した現在で勝ち点が7・7・5で、残り2試合終了後には浦和レッズの勝ち点8を超えることが濃厚、浦和レッズにとっては2位通過も非常に狭き門となる。

さて、この状況をエンゲルス監督はどうとらえるか。
西澤や原口などの若手の育成やサブ組の連携を深める時期ととらえるか?

いずれにしても代表組は6月22日のW杯予選バーレーン戦終了後まで帰ってこない。
6月に合宿を予定している浦和レッズだが、中断前のこの時間をどのように使うのか。

[試合前]2008年ナビスコカップ第4節 vs 名古屋(豊田スタジアム)

浦和 vs 名古屋

試合前

さて、前節でG大阪に負けたとは言え首位を辛うじてキープしている浦和レッズですが、皆さんお忘れではないですよね?
ナビスコカップでは最下位です。
勝ち星無しです。
しかも6人が代表で不在です。。。

これまで幾度となくピンチの芽を摘んできた阿部ちゃんもいません。
中盤で躍動していた闘莉王も細貝もいません。
前節でフリーキックを直接決めた梅崎もいません。
ゴールこそ少ないものの、前線から運動量豊富に守備もこなす高原もいません。
高原の代わりにエスクデロと思いきや、彼も不在です。。。

対するのは現在首位の名古屋。
リーグでも勝点で並び2位と好調。
代表で抜けているのはFW玉田とGK楢崎。。。

前節のナビスコ杯京都戦では都築に代えて山岸、堤を下げて坪井を採用した。
好調だった平川に代えて山田を入れるなど、リーグ戦とは一戦を画したメンバーだった。
主力の代表離脱を考えての事、サブ組へのチャンスをと捉えられるが、結果はついてこなかった。

それでも、堀之内を中心に堤・坪井・近藤らの最終ライン、中盤では山田暢久・相馬・岡野・ポンテ・三都主と続き、西澤・山田直輝・高橋・原口と続く。
攻撃陣も永井や田中達也も小池も高崎もいる。
なんとも層の厚い浦和レッズの本領発揮といったところか。

とはいえ、最下位の浦和レッズは残り3試合で1敗でもすれば予選リーグ敗退がほぼ確定する。
特に名古屋戦を落とすと決定的。

名古屋・神戸・名古屋と続く3試合を残した今の状況は、直接対決を残した名古屋を叩けても、2位の京都は叩けない。
浦和レッズが3連勝したとしても、京都が3連勝してしまえば1位通過は不可能となる。
つまり、浦和レッズが全勝し、京都が1敗してくれる事が条件。

予選リーグ突破の条件を整理すると以下のいずれかの場合に限られる。

  • 浦和レッズが全勝し、京都が2分けする事。
  • 浦和レッズが全勝し、京都が1敗した上で得失点差が京都を上回ること。
  • 浦和レッズが名古屋戦を1勝1分けし神戸戦に負けないこと。かつ、京都が名古屋戦に勝ち神戸戦で負けること。。。

まぁ、全部勝てば良いのさ!全部勝てば!
ただし、勝っても喜びの表現には気をつけること。

ちなみに私はG大阪戦に続き不参戦です。。。
みなさん、私の分まで応援よろしくお願いしますm(_ _;)m

参考

<記事>

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4


ユーティリティ