ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

◆ おしらせ ◆

エントリー

タグ「アウェー」の検索結果は以下のとおりです。

[試合前]2008年Jリーグ第30節 vs 新潟(東北電ス)

新潟 vs 浦和

試合前

前回の対戦は、オジェック監督解任後まもなくの第3節。MF闘莉王のデビュー戦だった。
相手のミスからとも言える2得点に永井のダメ押し弾と快勝し、低迷していた浦和レッズを浮上させるきっかけとなった。

13位に低迷し、27得点40失点と格下の相手ではあるが、この時期は手を抜けない。
マルシオ・リシャルデスを累積警告で欠いてはいるものの、浦和レッズにとって悪いデータもあったりしちゃう。

J2を含め、新潟と対戦した15試合のうち、敗戦した4試合は全てアウェー。
DF松尾とMF松下が故障で離脱し、マルシオ・リシャルデスを含めた主力3人に代わって未知数の控え選手が出場する。
その控えのDF大野とMF木暮がU-19に引っ張り出されている。

データとVTRを駆使して綿密に相手を分析するエンゲルス監督にとっては怖い布陣であり、場合によっては後手を踏む可能性がある。
負傷ながら、主力を欠き、チャンスを与えられた控え組の奮起は脅威になってしまう事もある。
恐らく?両サイドに入るであろう?河原と田中は、昨年のU-20W杯出場コンビ。
数少ない与えられたチャンスに奮起する事は間違いない。ケアを間違うと命取りになりかねない。

しかし、主力3選手がいないという事実には変わりはない。
相手の弱点であるセットプレー、負傷で松尾・松下が抜ける、浦和にとっての右サイドを起点として何点獲れるか。
古巣対戦となる、エジミウソンの奮起にも期待がかかる。

ACLでは運動量の低下でポッカリ穴があいた中盤を、戻ってくる細貝がどれだけカバーできるのか。
鈴木啓太は警告で出場停止、しかし山田は左サイドでの起用が濃厚、GKは都築か山岸かなど、システム・布陣にも注目が集まるが、前述の通り、相手は未知数。
戦術なんかより、90分間でどれだけ必死にプレーできるかが一番の関心事。

公式戦6戦未勝利、エンゲルス監督の解任騒動、これだけでも奮起の材料は充分だ。
今こそ底力を見せつけろ。

大分も名古屋もコケてるぞ。
さぁ、チャンスだ。

目の前の1勝、勝点3に浦和のプライドの全てを注げ!

参考

記事

今季無冠の危機に直面している浦和が25日、クラブと監督への不満を口にしたFW永井雄一郎に対して、厳重注意と26日の新潟戦のメンバーから外す懲罰処分を科した。

現在公式戦6戦連続白星なし。新潟に負ければ、来季のACL出場も危ぶまれる中、闘将は「もう勝つしかない。考えてもしょうがない。新潟もおれらに対してつぶしにかかってくる。それをはね返すくらいの気持ちじゃないと」と、熱っぽく話した。

J1浦和は25日夜、新潟市内のホテルで緊急トップ会談を行った。約1時間半に及んだ会談に参加した藤口光紀社長は、来季続投に意欲を見せているゲルト・エンゲルス監督が最低限の"ノルマ"といえる来季のACL出場権(今季J3位以内または天皇杯優勝)を獲得した場合でも今季限りで解任する可能性を示唆した。

揮官は再び、負傷明けで先発から外れた相馬に代わる左サイドに山田主将を再起用する奇策に出る。18日の神戸戦ではプロ生活14年間で初めて左サイドで先発したが、不発で途中交代。22日のG大阪戦ではボランチで活躍しただけに、山田の再シフトは謎だ。

[結果]△2008年ACL準決勝 第1戦 vs G大阪(万博) - <速報>

G大阪 1 - 1 浦和

得点

22分 【浦和】 細貝
81分 【G大阪】 遠藤(PK)

選手交代

54分 【G大阪】 二川 → 佐々木
65分 【G大阪】 加地 → 安田
79分 【G大阪】 山崎 → ミネイロ
85分 【浦和】 坪井 → 闘莉王
89分 【浦和】 ポンテ → 梅崎
89分 【浦和】 高原 → 田中達也

警告

44分 【浦和】 相馬 - 次節出場停止
57分 【浦和】 細貝 - 次節出場停止
83分 【G大阪】 ミネイロ
86分 【G大阪】 下平
93分 【浦和】 都築 - 次節出場停止
 *警告状況

レビュー

ファイル 372-1.png

参考

[試合前]2008年ACL 準決勝 第1戦 vs G大阪(万博)

G大阪 vs 浦和

試合前

ファイル 365-1.png さてさて、遂にやって来ました、ACL準決勝の舞台。
そして過密8連戦の最終戦。(やっとだよ・・・)
第1戦は恒例のアウェー戦。今回はG大阪のホームである万博。
国内のアウェー戦とあって、移動に関しては精神的に幾分楽だろう。・・・か?

J28節を土曜日に行ったG大阪は、J28節を日曜日に行った浦和レッズより1日多くACLへ向けた調整が可能だっただろう。年間通して見れば有利・不利は無いんだろうが、この大事な1戦の前のこの1日のアドバンテージはできれば浦和レッズに欲しかった・・・。

疲労もピーク、前節の千葉戦に負けてメンタル的ダメージも否めない今の浦和レッズは、どこを切っても良い状態とは言いにくい。
特に、前節の敗戦を受けて、監督采配に対する批判ともとれる発言が多く聞かれるなど、チームの雰囲気にも不安が残る。

そんな状況を知ってか知らずか、G大阪は明日の第1戦で勝負を決めるつもりのようだ。

「爆発的なアドバンテージを取れるチャンスになる」とほくそ笑んだ西野監督。(サンスポ)

それもそうだろう。
ここぞという時には底力を見せつける浦和レッズだが、満身創痍で主力の不調とケガ人を抱え、なおかつ雰囲気が落ちている今は、G大阪にとってはビッグチャンスと言えるはず。
戦意を喪失させるくらい圧倒してしまえば第2戦を有利に運べるというのもうなずける。
準々決勝のアルカディシア戦も、アウェーで必死に食らいついた2点目が、ホームでの2戦目の在り方を大きく変えた。
G大阪は、それさえさせないつもりだろう。

ルーカスと安田が復帰することも相まって、3トップとも言える超攻撃的布陣で浦和レッズを圧倒するつもりだという。
180分とはいわず、ホームでの90分しかないつもりで勝ちに行くと意気込んでいる。

さぁ、その意気込みがどうでるか。
浦和レッズとしてはその意気込みを逆手に取りたいところ。
ボールが落ち着かない激しい展開、打ち合いの様相を呈してくれば、走り負けの不安がつきまとう。

慌てず騒がず、多少の余裕を持って自分達のペースに集中したい。
試合が動かなければ、焦りが出てくるのはG大阪の方である事は間違いない。

短い時間となるだろうが、流れを変えられる田中達也が帯同した事は嬉しいニュース。
両足のケガに苦しんでいる闘莉王は、強行出場とも欠場濃厚とも報道されているが、結局は出るんだろう。
個人的にはいっその事、欠場として欲しい。
どっちつかずが一番良くない。ここはチームメイトに任せて治療と休養に専念して欲しい。
(で、ケガを理由に日本代表も辞退してしまえ。。。)

万博でのこの1戦のチケットは早々に完売した。

「サポーターの後押しが絶対に必要になる。(略)『今日はサポーターに勝たせてもらった』と言えるくらいの、浦和に負けない応援で僕らを後押しして欲しい」(J's Goal)

G大阪の播戸はこう言っているらしいが、果たしてそうはいくだろうか。
G大阪はサポーター向けに2日間の優先販売を行うも売れ行きは良くなかった。
一般販売では即完売となったわけだが。

8日の初戦はホームで開催。それなのにスタジアムの約半分が赤色で埋め尽くされる見通しとなった。クラブ関係者は「6対4から5対5ぐらいで相手サポーターが入ると思います。今までになかったこと」と心配そうに話した。(スポニチ)

圧倒されさえしなければ良い。
押されつつもイーブン、または対等に90分を終えれば浦和に分があると言って良いだろう。
もちろん勝ちに行って欲しいが、イーブンでも良しくらいのゆとりを見せられれば流れは浦和レッズにくる。

最後まで前を向いて選手をサポートしよう!

参考

記事

ホーム&アウエーなんて関係ない。一発で息の根を止めてしまえ!西野監督が強い口調でいい放った。「(2試合で)180分じゃなくて90分で、というか(90分)しかないんだという戦いになる」。ホームでの第1戦。勝てば当然アウエー第2戦は心理的にも有利。さらにコテンパにできれば相手に与えるダメージも大きい。

両クラブは近年、タイトルを争ってきた。06年はJ1最終節で対戦。首位浦和にガ大阪が3点差以上の勝利をすれば逆転優勝という状況で、浦和が勝って初のリーグ年間王者に。このシーズンは天皇杯決勝でも対戦し、浦和が終了直前の得点で2連覇。

8日の初戦はホームで開催。それなのにスタジアムの約半分が赤色で埋め尽くされる見通しとなった。クラブ関係者は「6対4から5対5ぐらいで相手サポーターが入ると思います。今までになかったこと」と心配そうに話した。

[試合前]2008年Jリーグ第28節 vs 千葉(フクアリ)

千葉 vs 浦和

試合前

前回は3-0の快勝の上、鳥カゴまで披露してしまった第11節。
浦和レッズがやりたい放題出来たのは千葉が悪すぎたからか。

現在の千葉は16位と降格圏脱出には至っていないが、8位から17位までがそれぞれ勝ち点1差で並ぶ大混戦振りを見せているだけに、中位浮上の可能性も下位低迷の可能性もどちらも残っている。
この浦和レッズ戦を機会に波に乗りたいところだろう。

現に、千葉は現在4連勝中。
しかも、京都・名古屋・V東京と、浦和がどうしても勝ちきれなかった相手に。
ある意味非常に恐ろしい事だ。

途中就任したアレックスミラー監督は、選手のコンディションや対戦相手を考慮して試合ごとにスタメンを変える。
残留争いの真っ最中に、上位チーム相手に主力選手を入れ替えちゃう、しかも勝っちゃうあたりは非常に恐ろしい。

今の浦和レッズを見て、アレックスミラー監督は何を思ったのか。
どういうスタメンで何を仕掛けてくるのだろうか。。。

対する浦和レッズはというと、10月8日(水)のACL G大阪戦を控えて満身創痍。
闘う姿勢や運動量をなんとか維持しようと必死にはなっているものの、どこか精彩を欠き、エンゲルス監督の采配にも迷いが感じられる。

高橋峻希や原口元気の投入など、どうせやるならエンゲルス監督らしい思い切った采配を臨む。温存していた闘莉王をFW起用で結局出しちゃうなんてやめて欲しい。
ACLを睨みながらこの試合の指揮を執らなければならないだけに難しいのは分かるが、相手を甘く見ると痛い目に遭う。

また、選手の警告状況にも気を遣わなければならない。

闘莉王と堤と鈴木啓太は現在3枚の警告でリーチ。
山田は実に7枚で、2試合の出場停止にリーチ・・・。
残り6試合で2試合出場停止は痛すぎるでしょう。

坪井・田中達也・相馬・都築は2枚の警告でリーチ予備軍。
まぁ、そこまで敏感になる必要は無いけれど、カード欲しくない采配も見られちゃうかもしれないわけで。。。

参考

記事

「だいぶ良くなったけどまだ痛みはあるし腫れている」状態で「先発はまだ無理」と告白した。大黒柱の訴えにゲルト・エンゲルス監督も「前のような使い方になる」と話し今季初の2戦連続先発落ちがほぼ確定した。

現在2試合連続ゴールを含め5試合で3得点を稼いでいる。2トップを組む高原も「エジとの関係はかなり良くなってきた。チャンスを多く作れている」と話すなど、連係面の問題はない。(略)頼もしいデータもある。新潟時代も含めて千葉戦は8戦で5点を稼いでいる。前回対戦した5月にもゴールを決めており"千葉キラー"を発揮している。

日本代表の岡田監督が浦和FW高原を連続チェックすることが3日、分かった。1日の浦和-京都戦に続き5日の千葉-浦和戦を視察。9月24日のACLアルカディシア戦から浦和視察が続いており、高原の復調具合を継続的に見極めている。また、関係者によると右ひざ痛の闘莉王、右太もも裏筋膜炎の田中の状態も気にかけており、追加招集候補のチェックに余念がない。

[結果]△2008年Jリーグ第27節 vs 名古屋(瑞穂陸)

名古屋 1 - 1 浦和

得点

27分 【浦和】 エジミウソン
47分 【名古屋】 巻

選手交代

62分 【浦和】 高原 → 永井
73分 【名古屋】 ヨンセン → 杉本
86分 【名古屋】 玉田 → 米山

警告

35分 【名古屋】 バヤリッツァ
*警告状況

レビュー

心配されていた闘莉王はやっぱり(?)強行出場。
報道されていた通り、山田は1回お休みで阿部がDFラインに、啓太と細貝がボランチ組んだ。
平川・相馬の両サイドに高原・エジミウソンの2トップ、トップ下にポンテの布陣で名古屋戦に臨む。

前半は立ち上がりは名古屋ペースで徐々に押し込まれる。
ただ、浦和レッズも必至に押し上げを図り、押しつ押されつ。
名古屋にペースを握られつつも、ペナルティーエリア内での決定的な仕事はさせなかった。

15分くらいには鈴木啓太・細貝・ポンテが前を向き始め、徐々に浦和が押し上げる。
右サイドを切れ込んだ平川の強烈ミドル、ペナルティーエリアではエジミウソンと高原が決定的シーンを作り出した。
30分過ぎには再度押し込まれかけるも、前半終了間際の40分、高原が抜け出したところに相馬が左へ追い越し中央へクロス。
相手DFに当たりながら抜けた低いボールをエジミウソンが頭で押し込んでゴール。

お互いに主導権を取り合う、積極的で激しい攻防でボールが落ち着かず、押しつ押されつの前半戦。そんな中でチャンスを形にできたのは大きい。
待望の先制点。
後半も守りに入らず立ち上がりから追加点を狙いたいところ。

しかし後半の立ち上がりも名古屋。。。
どこか浮き足だち、様子を伺っているような雰囲気のまま、後半開始2分で失点。
右からのクロスに闘莉王の前に入った巻に頭で決められてしまう。

それでも何とか押し戻し、再度ペースを掴もうとするが、結果として試合は打ち合いの様相に。
25分過ぎからは全く別のチームになったように足が止まりプレスも効かなくなってしまったが、それでも浦和レッズの選手達はなんとか走り続けた。
闘莉王も攻め上がり、ミドルやゴール前でシュートを放つ。
名古屋にもフリーでシュートを打たれるシーンも増える。

結局どちらも譲らずそのまま時間切れ。
激しい攻防戦で疲労困憊といった感じだった。

ただ、日程的なハンデがあるにもかかわらず走り続けられたのは大きい。
大宮戦からACLとできあがった流れ、選手の意気込みは感じられた試合だった。
前線からのプレッシャーは大宮戦から継続されていたし、細貝・鈴木啓太の運動量も豊富。

細貝の足が止まるとチームの勢いが減退したり、エジミウソンはヘディングがうまくない。
ゴール前でモタついてしまったり致命的なパスミスがあったり。
当然課題も沢山あるが、それでも勝ち点1。最低限の結果と前を向きたい。

鈴木啓太もまだまだ本調子とはいえないし、闘莉王・細貝・阿部の負傷状態も気になるが、またすぐに京都戦、その後には千葉・ACLとまだまだ厳しい日程で大事な試合が続く。

気力と根性?我々サポーターの声?控えの選手達?
いやいや、全部でしょ。

危険な旗振りやペットボトルの投げ込み、相手チームに罵声なんか浴びせる元気があるなら、そのエネルギーを試合中の選手に声で届けろ!

参考

ページ移動



ユーティリティ