ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

[結果]○2008年Jリーグ第11節 vs 千葉(埼玉スタジアム)

浦和 3 - 0 千葉

得点

59分 【浦和】 闘莉王
76分 【浦和】 相馬
85分 【浦和】 エジミウソン

選手交代

45分 【浦和】 永井 → 細貝
53分 【千葉】 中島 → 米倉
59分 【千葉】 フルゴビッチ → 伊藤
74分 【千葉】 池田 → 新居
77分 【浦和】 高原 → エスクデロ
77分 【浦和】 闘莉王 → 内舘

警告

05分 【千葉】 フルゴビッチ 
*警告状況

コメント

こちらの心配をよそに、前節神戸戦での課題をしっかりと修正し、終始し合いを試合して快勝。ゴールデンウィーク最終日を完封&3得点で飾ってくれた。

エジミウソン・高原の2トップに梅崎のトップ下、左に相馬・右に永井を配置。
すっかり定着してしまった(?)闘莉王と、山田のボランチ。
3バックは今節も阿部を中心に堤と堀之内。

両サイドを含む攻撃陣のパス回しは繋がっている印象を受けた。フォローもできている。
前線で意思疎通のミスで何度か中途半端なプレーもあったが、狙いは良いし、そういう挑戦をし続けて欲しい、前向きなものだったと感じる。
今まではあまり見られなかった攻撃陣の意思疎通の面でも、うまくいかない時にはお互い要求を確認しあうシーンも多く見られた。

唯一、あ・・・と思ったのが、9分に右サイドをえぐられた時。
永井が遅れて入った挙げ句、運悪くスベった。。。
結局、20分過ぎには、永井と梅崎がポジションを替える訳だが。

足も動いているし、クロス一辺倒ではなく、流れの中で崩してシュートまで持っていくシーンも多くあったし、裏への飛び出しに対して2列目3列目もきちんと反応してパスを出していた。

3バックはワイドに開き、堤・堀之内のサイドの駆け上がりも絶妙、山田のフォローもさすがだと思った。

後半に入って投入された細貝の攻撃の姿勢には興奮した。
内舘のシュートも見られたし、最後まで駆け上がる選手達に今後の爆発を大いに期待しちゃったりする。

最後は、千葉にとっては屈辱の鳥カゴ。。。
浦和がやりたい放題できたのは、千葉が悪すぎたからなのかもしれないが。
これで、噂されているように千葉の監督は解任されちゃうのか?

参考

ページ移動

    Facebookコメント

    コメント

    関連記事

    関連エントリー

    各紙の記事

    浦和レッズに関する各紙の記事

    

    ユーティリティ