ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

○2007年Jリーグ第27節 vs 新潟(埼玉スタジアム)


浦和 1 - 0 新潟

得点

87分 【浦】ポンテ

試合前

23日で7試合の強行予定を強いられているREDSにとって疲労が一番の心配事。
オジェック監督はターンオーバー制を取る事を明言しており、スタメンが気になるところ。
しかしREDSはそんなに器用じゃない。いつも真っ向勝負となるだろう。
ケガの闘莉王、相馬と平川、坪井と堀之内・・・
いつも通りのポジション争いが若干ベンチサイドに傾くくらいだろうか。
小野!?

前回ベンチスタートだった為に先延ばしの田中達也の50ゴール達成は見られるだろうか。
また前回、闘莉王の6試合連続失点ワーストタイ記録阻止が成功しただけに連続無失点に期待がかかる。

闘莉王、ポンテ、堀之内、ワシントンが累積警告3枚とリーチだけに、警告はもらいたくない。
特にポンテは今期7枚、次回は2試合の出場停止が・・・
⇒【2007年Jリーグ】警告

試合直前

気になるスターティングメンバーが発表された。
先日のオジェック監督の言葉(ターンオーバー制)とは裏腹に
ほぼいつも通りのメンバーになった。二人を除いては・・・。
[ J's GOAL ]【J1:第27節】浦和 vs 新潟:スターティングメンバー発表
その二人とは田中達也・小野伸二。控えにも入っていない。
これはACLを田中達也・小野伸二両選手に期待している証なのか?
答えは10月3日の城南一和戦にでるだろう。

試合後

田中達也と小野伸二を、ACL準決勝の為の温存なのか城南一和に特徴を捕まれない為なのかベンチにも入れなかったオジェック監督。
他の選手は全北現代戦で唇を3針縫った闘莉王も含め入れ替え無し。
前半は序盤から新潟がやや押し気味。後半は浦和がボールポゼッションを握るも前後半を通じてボールが落ち着かない。
ワシントンを軸に圧倒的な攻めを見せるもなかなかゴールが割れなかった。
それでも前半終了間際に見せた闘莉王のオーバーヘッドシュートがチームとしての勝ちへの姿勢をハッキリと見せてくれた。
試合を決めたのはポンテ。ゴール前のこぼれ球を押し込んでなんとか勝ちをもぎ取った。
この勝負強さが浦和が首位を走る理由だろうか。

選手交替

78分 永井雄一郎→岡野雅行

警告

40分 永井雄一郎

⇒【2007年Jリーグ】警告

ページ移動

    Facebookコメント

    コメント

    関連記事

    関連エントリー

    各紙の記事

    浦和レッズに関する各紙の記事

    

    ユーティリティ