ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

[試合前]2008年Jリーグ第29節 vs 神戸(埼スタ)

浦和 vs 神戸

試合前

過密日程からも一時的に開放され、短い中断を経てやっとレッズ戦が見られます。
レッズレディースもユースもタイトルを獲得したわけで、あとはトップの活躍を祈るばかりです。
エンゲルス監督の言うとおり、6連勝で優勝!

さて、残り6試合となった今節の相手は神戸。
前回の結果は、ボランチ闘莉王が落とした所を駆け上がった阿部がボレーで決めた試合。
9分後には永井が上がった右サイドを突かれて失点してしまったあの試合。

ナビスコカップを含めれば、1分2敗の負け越している相手だ。
今季の浦和レッズは4バックの相手に苦戦しているが、神戸も4-4-2を基本とし、ナビスコカップを含め随分と苦しめられた。
ここはキッチリと抑えて勝ちたい。勝ちきりたい!

今季の神戸は、私感ながら、バランスを重視しているように思う。
現在9位と中位にはいるものの、中位の他のチームよりも失点が少ない。
かわりに得点も多くないのだが、甘く見るのはかなり危険だ。

対戦成績や相手の出かたよりも、試合の立ち上がりでも中断明けでもエンジンの掛かりが遅いのが気になります。
攻守の切り替えも。。。

ファールやFKなどのリスタート時にどこかで気を抜くと、大久保やレアンドロを軸とした相手FW陣にカウンターを食らいかねない。
『我慢強い相手の守備、積極的な神戸のサイド攻撃に浦和の両サイドが守備ラインに吸収され、攻撃のパターンがロングボール一辺倒になり、ポンテを封じようとする金南一を起点に早い攻守の切り替えで攻撃を仕掛けられる。』
これが浦和にとっての最悪のシナリオだ。

浦和レッズとしては、両サイドをいかに高く保たせられるか。これが鍵となるだろう。
その為には前線からの積極的なプレッシャーと、攻撃時のボランチのフォロー。
サイド・中盤からエジミウソン・高原を最前線に押し上げられる事ができれば、多くの決定機が作れるはずだ。

キーパーソンとなるのは田中達也か。
献身的なチェイシングで流れを変えられるし、裏への飛び出しも、下がり気味の布陣を押し上げるには有効なはずだ。

ただし、ACL準決勝の第2戦を控えるこの試合では、それを想定した布陣を試す事が考えられる。
相馬・細貝・都築が出場停止となる。
試合感が重要という意味で、GKはほぼ確実に山岸となるだろう。
両サイドも、試合後4日でACLのG大阪戦が控える事を考えると、山田・永井・梅崎あたりがサイドに張る事になるだろう。
個人的には高橋峻希を右に、平川を左に置いて、峻希の右から積極的な攻めを見せて欲しい!
野人岡野!もいたぁ!

残り6試合で自力優勝の可能性は潰えた。
そうなるとこれ以上は絶対に勝ち点を落とせない。
勝つしかない。
絶対に勝つしかない。
ケガ・累積警告は理由にならない。
その為に多くの優秀な選手を抱えているのだから。

中断明けの立ち上がりからエンジンをフル回転させるためにも、我々の奮起は必要不可欠だろう。
のっけからいくぞ!

参考

記事

指揮官は「G大阪戦から練習していて何も問題がなかった。スタメンで出るのはコンディション的に問題ない」と説明した。

物の投げ込み防止として、埼玉スタジアムのアウェー席の側面などにネットの設置を決定。22日のACL準決勝第2戦・G大阪戦に向けた取り組みで、18日の神戸戦で試験的に実施する。

ページ移動

    Facebookコメント

    コメント

    関連記事

    関連エントリー

    各紙の記事

    浦和レッズに関する各紙の記事

    

    ユーティリティ