ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

W杯:アメリカに見る日本の可能性と浦和レッズ

日本は決勝ラウンドに進めるか?
守備で守るか?
攻撃は最大の防御か?
勝ちにいくか?

今日は会社でもネットでもそんな議論ばかりですね。
 

専ら、"引き分け狙いでは負ける"との見解が多勢。

 
そんな中、昨日のアメリカvsアルジェリア戦が日本代表の

戦い方(?)を示してくれていたように思う。

 
アメリカは、W杯でなかなか思い通りに行かなかったチームの一つだ。

 
要因は様々あるが、昨日の一戦でもそれは見受けられた。

 
アメリカがいるグループCは混戦で、最終戦を残してアメリカは3位。

1位のスロベニアは2位のイングランドと
3位のアメリカは4位のアルジェリアとの一戦を残し、
試合結果次第では、全チームに決勝ラウンド進出の可能性が。

アメリカは勝てば進出決定。
 

ところが、シュートを打てども打てども入らない。

枠を捉えてはいるものの、バーを叩き、GK正面、ファインセーブの連発で

ゴールが割れない。

一度はネットを揺らしたものの、微妙なオフサイドの判定で認められなかった。

 
そんなアメリカが勝利を手繰り寄せたのは攻め続けたこと。

カウンターや分業では無く、チームで攻め続けた事だ。

ゴールを決めたのは後半ロスタイム。

まさに"劇的"という言葉が当てはまる。

 
引き分けでは両チームとも敗退が決まる。

時間もなくなり、ゴールの臭いがしない

スタジアムはドンヨリした雰囲気。

 
ロスタイムのアメリカがゴールしたシーンでは、

アルジェリアの決定機からのカウンター。

サイドからのクロスに対し、中には3人が構えていた。

更に、GKが弾いた所にもう一人、ドノバンが詰めていた。

 

決定機後のカウンターに5人があがる。

日本代表戦、Jリーグでもなかなか見られないシーンだと思う。

 
0-2から追い付くスロベニア戦しかり、

アメリカの諦めない姿勢

リスクを冒してでも勝ちを狙う姿勢

見ているこちらを引きつけ、

何かやってくれると思わせる。

 
勝つべくして勝った

 
結果、1位通過となった訳だが、

立ち返って日本代表。

 
彼らにもそのくらいの意気込みを見せて欲しい。

ワガママかもしれないが、それが彼らを後押しする声になる。

 
気取ったプレーは要らない。

気迫あるサッカー、

勝利への意気込み、

何が何でもという思い

それらが見られれば、結果はついてくると思う。
 

我らが浦和レッズにしてみれば、

その結果が勝ち点ではない事もあるかもしれない。

しかし、確実に周りを動かし、彼らに還元される。

 
それを続けてきたのが浦和レッズだ。

元祖・浦和魂を見たい。

 
結論:
・日本代表はベスト4を本気で目指してその思いを全部ぶつけろ!
・浦和レッズは元祖・浦和魂を思い出せ!

参考

ページ移動

    Facebookコメント

    コメント

    関連記事

    関連エントリー

    各紙の記事

    浦和レッズに関する各紙の記事

    

    ユーティリティ