ユーティリティ

このブログをシェア!

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed

ブログアンテナ

さっかりん-浦和レッズ 日本ブログ村-浦和レッズ ブログの殿堂 FC2ブログランキング ブログランキング Mood in Red のバナーです。リンクの際にご利用下さい。

エントリー

注目はやっぱり32節!!

Jリーグも残り4試合となりました。

気遣いのできる浦和は、Jリーグを盛り上げるべく、ご丁寧に足踏み・・・。
終盤戦をあつく盛り上げるべく一役買ってしまいました。

そんな終盤戦ですが、31節を除き、毎節、上位直接対決が行われます。
(現時点での順位を基準にしています)

20141028010249.jpg

前節の結果を受けて、事実上、浦和とG大阪の一騎打ちとなりました。

まず、3位以下の可能性を見てみます。

鹿島以下、川崎、鳥栖は勝ち点51(くらい)。
浦和を上回るには残り4試合で勝ち点7=2勝1分以上が必須。
これを実現するには、浦和が1勝1分以下である事が必須です。
仮に浦和が昨年の様に停滞した場合でも、続くG大阪が2勝1分
以下である必要がある訳です。
当然、これらのチームは全勝が前提になりますので、可能性は
極めて低いことが見て取れます。
可能性が残されるとすれば、32節の川崎・鹿島の勝った方と
なるでしょう。仮に引き分けるようなことがあれば、足の引っ張り
合いとなり、ACL出場圏内争いに回ることになるでしょう。

対して、上位2チーム、浦和とG大阪を見てみます。

勝ち点差3に対して、残り試合は4。
可能性上はいろいろ考えられますが、32節に直接対決を
残しています。

32節の直接対決の結果を先に想定すると・・・

・浦和勝利:浦和61 vs G大阪55 で勝点6差
・大阪勝利:浦和58 vs G大阪58で浦和と並ぶ、得失でG大阪
・引き分け:浦和59 vs G大阪56で勝点3差

直接対決”以外”の3試合で、上記の差を埋める戦いとなる訳です。

浦和の目線で見ると・・・
・浦和はG大阪戦で負けない、かつ、他の3試合の結果がG大阪と同等

G大阪の目線で見ると・・・
・G大阪は浦和に勝ち、かつ、他の3試合の結果が浦和を上回る
・浦和戦後の33節vs神戸戦は天皇杯準決勝から中2日

こうなると、直接対決以外の見方も変わってきます。

次節の結果次第では、一時は諦めた、ホームG大阪戦での優勝決定の
可能性も残されるわけです。

勝ち点差は詰められましたが、浦和優位には変わりません。
かつ、浦和が自らの手で、G大阪を突き放すチャンスも残っています。

累積警告、興梠の負傷、疲労の蓄積・・・
天皇杯・ナビスコ杯でG大阪が勢いづいてしまう・・・

数々の不安要素もありますが、約3週間の中断もあります。

この中断期間をうまく使って、チームを再構築して仕切り直して欲しい!

絶対優勝するぞ!

WE ARE REDS!!!

ページ移動

    Facebookコメント

    コメント

    関連記事

    関連エントリー

    各紙の記事

    浦和レッズに関する各紙の記事

    

    ユーティリティ